2018年更年期サプリランキング!

おすすめの更年期サプリを比較

更年期障害の予防

若年性更年期障害は20代・30代でも起こります。原因と症状

投稿日:

更年期障害と聞けば、「ある程度年齢を重ねた女性の身に起こる症状」とイメージする人も多いでしょう。
ですが、実際はそうではありません。
男性でも、更年期障害の症状を発症することが近年では話題となり、注目されるようになりました。
それだけではなく、若い女性でも発症することで知られているのが、「若年性更年期障害」と呼ばれる症状です。
まだ若いのに、更年期障害を発症してしまう女性がたくさんいます。

一般的な更年期障害

若年性の更年期障害
男性でも、更年期障害の症状が現れる人は数多くいますが、女性に起こる更年期障害の多くは、ある一定の年齢に達した人に、多くみられる症状です。
閉経という体の変化がきっかけとなり、体調不良や精神的な不調に襲われてしまいます。
閉経は、40代後半から50代で迎える人が多いため、更年期障害の症状が現れる人も、この年代に多いことが特徴の1つです。
加齢により、卵巣機能が低下することで減少していた女性ホルモンの分泌量が、閉経を迎えることにより、さらに低下してしまうことで、体調不良や精神の不調といった症状が現れ始めます。
男性の身に起こる更年期障害も、男性ホルモンの分泌量が著しく低下することで、症状を発症するものです。

若年性更年期障害とは

閉経を迎える前後の年代で発症する更年期障害に対し、「若年性更年期障害」とは、そんな年齢に達する以前に、更年期障害の症状を発症してしまうものです。
閉経を迎えるような年齢ではないため、女性ホルモンの分泌量が減少する原因が、加齢にあるというわけではありません。
にもかかわらず、一般的な更年期障害の症状と同じ症状を、発症してしまうのです。
若年性更年期障害は、通常の更年期障害の少し前の年代で発症する「プレ更年期」とは違い、20代30代という若い世代で発症することが、特徴となっています。
若年性更年期障害の認識がなければ、若い世代で発症してしまっても、自分の身に起こっている様々な不調が、若年性更年期障害であることに気づかない人も数多くいるのです。

若年性更年期障害の原因

一般的な更年期障害は、加齢によって卵巣機能が低下したり、閉経を迎え、女性ホルモンの分泌量が低下することで起こります。
それに対して若年性更年期障害は、加齢が原因ではないのに発症してしまうものであり、重篤な症状として捉えられるものです。
加齢によって次第に衰えてしまう卵巣機能の低下ではなく、何かしら別のことが原因となり、女性ホルモンの分泌量が減少してしまうのです。
その原因として、日常における生活習慣や過度なダイエット、ストレスや疲労などが挙げられます。
喫煙や飲酒といった生活習慣でも女性ホルモンのバランスを崩しやすく、悪影響を与えるものです。
若い女性が経験しがちな過度なダイエットも、体に大きな負担がかかってしまい、女性ホルモンのバランスを崩す一因となります。
過度なダイエットによってバランスが崩れてしまった結果、正常な月経が起きなくなり、更年期障害の症状が現れてしまうのです。

若年性更年期障害を発症しやすい人

若年性更年期障害を発症しやすい人は、前述したとおり、加齢が原因ではないのに、女性ホルモンの分泌量が著しく低下してしまった人です。
飲酒や喫煙といった生活習慣や、過度なダイエットによってホルモンバランスが崩れることが原因となっています。
それだけではなく、肥満体型の人や反対に痩せすぎている人も、ホルモンバランスを崩しやすく、体型が原因で若年性更年期障害を引き起こしてしまう人もいるのです。
睡眠不足や過度なストレスや疲労がたまると、自律神経が乱れてしまい、結果的にホルモンバランスの乱れも併発してしまいます。
これらの要因があてはまる人ならば、20代や30代と若い年代であっても、女性ホルモンや自律神経が乱れることで発症してしまうのが、若年性更年期障害なのです。

若年性更年期障害の特徴

若年性更年期障害の症状も、そのほとんどが一般的な更年期障害と同じものばかりです。
更年期障害の症状と似た症状が現れるものに、「PMS症候群」があります。
これは、別名を「月経前症候群」といい、月経が始まる2週間前あたりから、体に様々な不調が現れる症状です。
頭痛や冷え症、イライラやうつ症状などといった不調が現れ、更年期障害と同じで、身体的にも精神面的にも、不快な症状が現れることが特徴となっています。
若年性更年期障害と大きく違う点は、症状を発症する時期です。
PMS症候群は、これらの症状が月経前に現れることが最大の特徴であり、月経が始まれば症状が緩和され、時間とともに消失していきます。
他にも、PMS症候群には、更年期障害の顕著な症状でもある「ホットフラッシュ」や「のぼせ」といった症状はありません。

若年性更年期障害の危険性

若年性更年期障害によって体に起こる様々な不調を、単なる疲れからくるものや、PMS症候群だと勘違いしてしまい、放置してしまうことはとても危険です。
女性ホルモンが乱れることにより、月経不順になったり、月経が起らなくなってしまう症状に関しては、特に危険だという意識を持たなくてはいけません。
本来ならば、まだまだ正常に月経が起るはずの年代で、月経不順という症状が長引いてしまえば、将来的に妊娠できない体になってしまう可能性が出てくるからです。
若ければ若いほど、将来的な妊娠を自覚できないため、月経不順という症状を看過しやすい傾向にあります。
月経不順という症状を放置することで、いざ妊娠を望む時期が訪れた時に、治療が困難となることもあるため、特に月経不順という症状には注意を払うことが大事です。

若年性更年期障害の対処法

若年性更年期障害を疑う時には、下記のような対処方法があります。
症状を自覚したら放置せず、何かしらの対処法に取り組むことが何よりも大事です。

  • 病院での治療
  • 生活習慣の改善
  • 食生活の改善
  • 更年期サプリの摂取

病院を受診する際には、婦人科系の病院を受診しますが、代表的な治療法は一般的な更年期障害と同じで、女性ホルモンを補充する治療法です。
自分でできる対処法として、日常の生活習慣の改善を行い、体に悪影響を与えている喫煙や飲酒を控えることでも、充分な効果を発揮します。
食生活においては、女性ホルモンの分泌をサポートする食品を積極的に摂取したり、日常的な食卓だけでは補えない栄養素を、更年期サプリなどで補うのも有効的な方法です。

「アサヒSAIローヤルゼリー」サプリメント

アサヒSAIローヤルゼリー

価格 通常料金 10800円
定期購入3980円
成分 ローヤルゼリーアミノ酸 ビタミン アミノ酸
内容量 1日2粒 60粒入り 30日分
返金保証 なし

若年性更年期障害の症状も、一般的な更年期障害と同じなため、更年期障害を改善するためのサプリメントを摂取すると有効的です。

「アサヒSAIローヤルゼリー」というサプリメントには、女性ホルモンと同じ働きをするといわれている成分でもあるエクオールそのものが、豊富に配合されています。
エクオールとは、日本人の2人に1人しか自分の体内で生成することができない成分です。
大豆イソフラボンの中に含まれているダイゼインという成分が、腸内でエクオールに変換されることで効果を発揮します。
「アサヒSAIローヤルゼリー」には、大豆イソフラボンから変換されて生成された、エクオールがそのまま使われているため、より有効的に効果を発揮するのです。
ホルモンバランスに造詣の深い婦人科医と共同で開発され、エクオールそのものを摂取することで、更年期障害の症状を改善していきます。

まとめ

若年性更年期障害は、20代30代という若い世代にも起こる症状ですが、この病気を認識していない人が多いことも特徴です。
単なる体調不良と思い込み、月経不順などの症状を放置してしまうことで、将来的に妊娠しづらい体になってしまう可能性もあります。
まずは更年期障害が、若い世代でも起り得る症状であることを知り、気になる症状が現れた際には、決して放置しないことです。
できるだけ早く医療機関の受診や、日常生活における悪しき習慣を改善するなどの対処法を取りましょう。

-更年期障害の予防

Copyright© おすすめの更年期サプリを比較 , 2018 All Rights Reserved.