2018年更年期サプリランキング!

おすすめの更年期サプリを比較

更年期障害の予防

更年期からくる『うつ』の症状。サプリを使えば改善するの?

投稿日:

50歳前後の女性がさまざまな体調不良や精神面の不調に悩まされる更年期障害は、症状の程度にかなりの個人差が見られるものです。

たいていの女性が人生に一度は直面する更年期障害の症状を改善させる鍵は、不調の原因となっているホルモンバランスの回復にあります。

更年期障害の多様な症状

更年期が原因のうつ
更年期障害の症状にもいろいろな種類がありますが、それらの症状は身体の症状と精神的な症状に大きく分けられます。

血管運動神経症状と運動器官症状に加え、消化器症状・皮膚粘膜症状・泌尿器生殖器症状などはいずれも身体的症状に分類される症候群です。

このうち血管運動神経の異常が引き起こす顔の火照りやのぼせなどのホットフラッシュは、更年期障害の最も代表的な症状として知られています。

それらの身体的な症状もつらいものですが、更年期にさしかかった女性にとっては精神的な症状も軽視できません。

情緒不安定やイライラ・不安感が更年期の女性を象徴する代表的な精神症状と言われており、不眠や頭痛・めまいなども精神神経症状に含まれます。

そうした精神的症状が重くなってくると、うつ病にも似た状態に陥ることがある点には注意が必要です。うつの症状は精神的なストレスだけが原因で生じるとは限らず、更年期では身体的な原因と深く関わっているのです。

女性ホルモンの急激な減少が症状の原因

更年期障害がこれほど多種多様な症状を呈するのは、体のさまざまな機能を自動的にコントロールしている自律神経の乱れに原因があるからにほかなりません。

通常は心身が緊張する場面で優勢となる交感神経と、リラックスする環境で優勢となる副交感神経がほどよくバランスを取り合うことで心身の健康が保たれています。

それらの自律神経は心拍や血流・呼吸を無意識のうちに制御し、消化器官など内臓の動きも司っているのです。

これほど重要な働きをしている自律神経に狂いが生じると心身のさまざまな部分に不調が生じるわけですが、自律神経が乱れる原因は不規則な生活習慣やストレスだけではありません。

体内のホルモンバランスが乱れることでも自律神経が大きな影響を受け、前述のような心身の症状につながってしまうのです。

50歳前後の女性は閉経期を迎え、卵巣から分泌される女性ホルモンが急激に減少するため、ホルモンバランスが崩れて更年期障害の症状が生じると考えられます。

自律神経の乱れと精神的ストレス

女性ホルモンは別名をエストロゲンと言い、女性だけでなく男性にも少量ながら存在します。

女性の場合は思春期以降に卵巣が発達してこのエストロゲンが活発に分泌されるようになり、女性らしい体つきを形成したり月経をコントロールしたりする作用を果たしているのです。

しかしながら多くの女性は50歳前後になると卵巣の内分泌機能が衰え、エストロゲンの分泌量が急激に減少してしまいます。そうなるとエストロゲン分泌の司令を出している脳の視床下部が混乱に陥り、自律神経のコントロール能力にも乱れが生じてくるのです。

50歳前後の10年間は更年期と呼ばれますが、この年代の女性は大半がそうした身体的な変化に加えて心理的な面や社会的な面でも大きな変化に直面します。

ホルモンバランスの変化で自律神経が乱れて体調不良が続いているところへ、子供が成人したり職場での役割が大きく変わったりすることに伴う精神的なストレスが加わると、うつ症状に発展することも考えられるのです。

更年期障害の一般的な治療法

更年期障害の症状の程度は誰でも一律というわけではなく個人差が大きいのは、体質や生活習慣の違いに加えてその人の社会的な地位やストレス耐性の差という観点でも説明できます。

「このごろちょっと体調が良くない」という程度の症状で済んでいる人もいる一方では、仕事や家事に支障をきたすほど重い症状に悩まされている人も少なくないのです。特にうつ症状が重くなると気力も衰え、何をする気にもならないという深刻な状態に陥りかねません。

婦人科を受診して更年期障害と診断された場合には、症状を改善させる目的で治療が開始されます。医療機関で受けられる更年期障害の一般的な治療法として挙げられるのは、ホルモン補充療法や漢方薬・プラセンタなどを使った薬物療法です。

ホルモン補充療法は更年期障害の根本原因となっているエストロゲンの欠乏を補う治療法のため、最も高い効果を発揮しています。

ホルモン補充療法のリスクと負担

ホルモン補充療法は飲み薬や貼り薬の形で女性ホルモンのエストロゲンを体内に取り込み、ホルモンバランスを改善させて自律神経の調和を取り戻すのが狙いです。

女性ホルモンの量さえ元に戻れば混乱していた脳の視床下部も正常な機能を取り戻し、自律神経のコントロール能力も回復されると考えられます。一方でホルモン補充療法には乳がんの発症リスクを高めるという説も取り沙汰されてきたため、特に日本では欧米各国と比べて普及が遅れてきた現状がありました。

ホルモン補充療法にはエストロゲン単剤を補充する方法に加え、黄体ホルモンとの両方を補充する方法の2種類があります。後者の方法には乳がん発症率が若干高まるというデータもあり、前者の方法では子宮がん発症率が高まるのです。

更年期障害の治療効果が高いホルモン補充療法にもそうしたリスクがある上に、長期間にわたって治療を続けるには経済的な負担も大きくなります。

女性ホルモンと同様の作用をする物質

更年期のつらい症状を改善させるにはホルモン補充療法が最も効果的だからと言って、うつ症状を訴えている人にも一様に効くとは限らないものです。うつ症状以外の身体症状がそこまで重くない人までが安易にそうした治療を受けるのは、将来的なリスクを考えると必ずしもベストの選択肢とは言えません。

経済的な負担まで視野に入れた場合には、医療機関での治療ばかりでなく民間療法的な知恵も選択肢の1つとして注目されてきます。
中でも昔から更年期障害の症状改善に効果があると言われてきたのは、豆腐や納豆など大豆を原料とする食材です。

大豆に含まれるイソフラボンというポリフェノールの一種は、摂取すると体内で女性ホルモンと同様の働きをするとされていました。

日頃から豆腐や納豆・味噌などの大豆食品をあまり食べないという人に向けて、大豆イソフラボンを配合したサプリメントも多く発売されてきたのです。

エクオールを作れる人は半数という現実

大豆食品やサプリメントを摂取した人でも、実際に更年期障害の症状が改善した人とそうでない人で効果に個人差が認められます。

近年になって解明されたところによると、大豆イソフラボンがエストロゲン様の作用をするのは、腸でエクオールという物質に変化していたからでした。

このエクオールこそがエストロゲンとよく似た分子構造をしており、細胞のエストロゲン受容体と結びつくことが判明しています。

しかしながら大豆イソフラボンをエクオールに変えるには、エクオール産生菌という腸内細菌の力が欠かせません。日本人ではおよそ50%の人しかこのエクオール産生菌を保有しておらず、若い世代の女性ではわずか20%に低下しています。

納豆を好む関東の人は保有率も高いのと比べ、納豆が嫌いな人が多いと言われる関西の人は保有率が低いのが現状です。

エクオールはサプリメントでも摂取可能

以上のようなデータから推定すると、エクオール産生菌は大豆食品をよく食べる人ほど保有率が高いという事実が見えてきます。

イソフラボンのサプリメントを摂取しても更年期障害のうつ症状が改善されるかどうかは、実際に試してみるまでわかりません。

豆腐や納豆を食べている人の中にもエクオール産生菌を持たない人が一定割合で存在すると考えられますが、幸いなことにエクオールはサプリメントでも摂取可能です。
ノムダス

価格 通常料金 6,980円
初回 1,260円
2回以降 3,980円
成分 エクオール産生菌
内容量 1か月分
返金保証 なし

エクオールが女性ホルモンと同様の働きをすることが判明して以来、さまざまな食品メーカーからエクオールを配合したサプリメントが発売されるようになりました。

1日に10mgのエクオールを摂取すれば更年期の女性でもホルモンバランスが整い、うつも含めた症状の軽減につながります。

うつ症状を改善させるには心理的な面にも着目して精神的ストレスを和らげるように心がけることも大切ですが、ホルモンバランスを整えることでも精神面に良い影響が及んでいくのです。

まとめ

更年期障害の症状の中でもうつは精神的なストレスの影響が大きいと思われがちですが、実際には女性ホルモンの影響も小さくありません。

ホルモン補充療法を受けるよりも経済的な負担が軽いエクオールのサプリメントは、ホルモンバランスを整えて更年期障害の症状を改善させる方法としては最も手軽に試せる商品だと言えます。

-更年期障害の予防

Copyright© おすすめの更年期サプリを比較 , 2018 All Rights Reserved.