2018年更年期サプリランキング!

おすすめの更年期サプリを比較

更年期障害の予防

食べ物で更年期障害を予防!効果のある成分とは?

投稿日:

アーモンドや牡蠣やうなぎや大豆などの食材は、更年期障害を予防できる効果はあります。
いずれの食材も、その症状を防ぐ為の成分が含まれているからです。
それらの食材は、エストロゲンに関する効果を発揮してくれる事が多いです。

更年期障害の予防効果がある主な成分

更年期障害に効く食材は?
更年期障害を予防できる栄養分は、幾つかあります。

  • ビタミンE
  • ビタミンC
  • 亜鉛
  • イソフラボン

1つ目のビタミンEという成分は、主にナッツ類や油の中に多く含まれています。
2つ目のビタミンCは野菜類の中に多く、亜鉛は牡蠣などの食材に含まれているのです。
そしてイソフラボンは、基本的には大豆です。
これらの成分は、いずれも更年期障害を改善したり、予防する効果があります。
普段から摂るようにすると良いでしょう。

エストロゲンの減少と有効な食事

ところで更年期障害は、ホルモンとの密接な関連性があります。
更年期になりますと、総じてホルモンの分泌量は減少しがちです。
特に閉経時は要注意です。
その時期になりますと、エストロゲンの分泌量は大きく減ってしまう傾向があります。
エストロゲンは、女性ホルモンの1つです。
その分泌量が十分ならば、更年期特有の頭痛などの症状も現れづらいです。
しかし閉経の時期には、エストロゲンの分泌量が大きく減少してしまい、更年期障害になりやすいのです。
ただエストロゲンの分泌量は、ある程度は食事で調整する事もできます。
ですから更年期障害を予防したい時は、有効な成分が含まれる食事を摂ってみるのは、大いに有効です。

更年期障害には有効なビタミンE

例えばビタミンEなどは、更年期障害を予防する力はあります。
その成分は、エストロゲンをサポートしてくれるからです。
体内で生産されるエストロゲンは、たまに力が弱ってしまう事もあるのです。
栄養分が不足している時などは、そのホルモンの力は弱くなりやすいので、注意が必要です。
そのホルモンの力を高めたいなら、やはり栄養分も補給しておく必要があります。
体内にあるエストロゲンにエネルギーを与えて、活動をサポートするイメージです。
ビタミンEは、そのサポート効果が優れています。
ビタミンEは、主にアーモンドやヘーゼルナッツの中に多く含まれていますから、食べるようにすると良いでしょう。
ちなみにビタミンEは、抗酸化作用もあります。
体が老化してしまうと、どうしても更年期障害になりやすいです。
老化する一因は活性酸素なのですが、ビタミンEはその酸素の力を抑えてくれるのです。

更年期障害の時に不足しやすいビタミンC

赤ピーマン
ところで更年期障害は、イライラ感にも特徴があります。
その時期になりますと、若い頃よりもイライラしてしまう事も多いです。
イライラした状態では、ビタミン類を多く消耗してしまう傾向があります。
中でも要注意なのは、ビタミンCです。
イライラ感が募っていると、普段よりも多くのビタミンCが消費されてしまう傾向があります。
更年期障害の時には、総じてビタミンCが不足しがちです。
意識的に摂取しないと、体調不良になってしまう事も多いですから、注意が必要です。
ビタミンCは、主に野菜類の中に含まれています。
例えば、下記のような食材です。

  • 赤ピーマン
  • レモン
  • ブロッコリー

また一部のサプリメントにも、多くのビタミンCは含まれています。

血行を良くしてくれるビタミンB

卵
またビタミンBも有効です。
この成分は、血液に関する効能があります。
人体には、色々な箇所に毛細血管があります。
血管内の血液が順調に流れていれば良いですが、スムーズに流れない事もあるのです。
そのままでは神経系に対する悪影響があり、更年期障害になりやすくなります。
しかしビタミンBは、血行を促進してくれる効果があるのです。
毛細血管を広げてくれる効果もあります。
それとビタミンBは、赤血球との関連性もあるのです。
ビタミンBが多い状態の方が、体内で赤血球が生産されやすいのです。
更年期障害で悩んでいる方々は、しばしば血液に関する悩みも抱えています。
それに対抗する為に、ビタミンBを摂取しておくのは有効なのです。
なおビタミンBは、下記のような食品の中に含まれています。

  • 牛乳
  • 豚肉
  • 大豆

イソフラボンが多い食品で更年期障害を防ぐ

納豆
ところで更年期障害を予防する為には、ホルモンの調整も必要です。
上記でも触れた通り、閉経の時期になるとエストロゲンの分泌量は大きく減ってしまう傾向があります。
その状態ですと、更年期障害の症状もやや深刻です。
更年期には、骨に関する問題点が生じる事も多いですが、特に閉経時は深刻です。
ところが日常食品に含まれる成分の中には、そのエストロゲンに似た物もあります。
大豆の中に含まれるイソフラボンが、それに該当します。
イソフラボンは、エストロゲンとは形状がよく似ているのです。
大豆などの食材を摂取すると、体内の組織が「エストロゲンの量が増えた」と認識して、更年期障害を予防する成分も放出してくれます。
下記のような食品にはイソフラボンが多いので、意識してみると良いでしょう。

  • 納豆
  • きなこ
  • 豆腐
  • 油揚げ

ホルモンのバランスを整えてくれる亜鉛

ウナギ
また更年期障害が生じる理由の1つは、ホルモンバランスの乱れです。
体内にあるホルモンは、理想的なバランスがあります。
各ホルモンが適正な割合になっていれば、更年期障害にはなりづらいのです。
しかし年齢が高まってくると、バランスも崩れやすくなります。
それでは更年期障害になりやすいので、食品でバランスを整えるのが有効です。
具体的には、亜鉛という成分です。
主に牡蠣などの食品の中に多く含まれていて、体内のホルモンが適正なバランスになるよう働きかけてくれるのです。
牡蠣だけでなく、下記の食品にも亜鉛は多く含まれます。

  • ウナギ
  • レバー
  • チーズ

ですから更年期障害が気になる時は、上記の食品も意識してみると良いでしょう。

栄養分が偏らないよう注意

更年期障害を予防できる成分は、このように色々あります。
ただしその成分を摂取するにしても、偏りには要注意です。
例えば更年期障害の予防効果がある亜鉛という成分に着目したとします。
しかし毎日のように牡蠣だけを摂取するのは、あまり望ましくありません。
毎日牡蠣だけを摂取すれば、栄養分の偏りが心配です。
かえって体の調子が悪くなり、更年期障害になる確率が高まる事もあります。
テレビ番組などでも、たまに「栄養バランスが大切」と強調されていますが、実際その通りです。
1つの栄養分に偏る事が無いよう、できるだけ満遍なく栄養分を摂るのが望ましいです。

更年期障害の時におすすめの基本のサプリという商品

基本のサプリ
なお更年期障害が気になる時には、「基本のサプリ」という製品も服用してみると良いでしょう。
その製品の中には、色々な成分が含まれています。

  • イソフラボン
  • アグリコン
  • 葉酸
  • ポリフェノール
  • ビタミンD

いずれも、更年期の方々には有効な成分です。
この製品は、主に40代から50代の方々が服用している事が多く、イソフラボンの吸収効率も優れています。
更年期障害の不調を和らげてくれる効果もありますから、おすすめです。

更年期障害予防の食品まとめ

更年期障害は、主にホルモンバランスの乱れが原因です。
年齢が高まると、そのバランスも崩れやすいです。
また血行不良も、原因の1つです。
しかしビタミン類やイソフラボンなどは、その更年期障害を予防してくれる効果もあります。
栄養分の偏りには注意しつつ、意識して摂取してみると良いでしょう。

-更年期障害の予防

Copyright© おすすめの更年期サプリを比較 , 2018 All Rights Reserved.