2018年更年期サプリランキング!

おすすめの更年期サプリを比較

更年期障害の予防

更年期のセックスに及ぼす影響とは?

投稿日:

更年期症状が出始める40代から、閉経に至る50代までは、女性ホルモンが少しずつ減っていく時期です。
女性ホルモンが減ることで、体がほてったり、だるくて辛かったり、気持ちが落ち込みがちになったり、理由もなくイライラしてしまったり、うつっぽくなったりと、女性の体は内面から変化していきます。
更年期は、体調に影響が及ぶだけではなく、実は男性とのセックスにも影響が見られます。
更年期の女性からよく聞かれる、セックスに及ぼす影響は多くあります。
その中でも、よく聞かれる影響は以下のようなものです。

性欲の衰えを感じやすい

更年期のセックス事情
性的な部分に関しては、性欲の衰えを感じる方が多くなります。
身体のだるさや意欲の低下も重なり、若い頃と違ってセックスに対して億劫になりがちですし、セックスという行為自体を重荷に感じている更年期の女性は、決して少なくはありません。

挿入の際に痛みを感じやすく、セックスレスになりがちになる

体全体が乾燥気味になるので、当然膣も乾きやすくなってきます。
膣は粘膜ですので、乾燥には非常に敏感なのです。
膣がデリケートな状態でのセックスは、どんなにパートナーの男性に愛情を抱いていても、挿入の際に痛みを感じやすくなります。
膣の乾燥に加えて、更年期では膣が委縮していきますので、女性側の苦痛は増していきがちです。
パートナーを愛していても、こういったセックスに伴う苦痛はどうしても避けられません。
結果、パートナーとのセックスに臆病になってしまったり、セックス自体に嫌気がさしてしまうことでセックスレスになりがちになってしまいます。
また、我慢してセックスに及んだとしても、デリケートで傷つきやすい膣から出血しやすくなったり、愛撫や挿入の際のちょっとした傷からばい菌がついてしまうこともあります。

パートナーの男性の満足に至りにくい

挿入の際の女性側の痛みに関連しますが、膣が乾燥しやすくなることや、膣が委縮してしまうことで、今まで男性が感じていた挿入から射精に至るまでの快感が得にくくなります。
正直、自分の身体を何よりも大事にしたいところですが、愛しているパートナーを性的に満足させてあげられないのは女性の心の重荷になってしまいがちですし、セックスレスという原因だけでパートナーの関心があなたから他の女性へ移ってしまうのは耐えられないでしょう。

セックスの際、下腹部に力が入ると尿漏れしてしまう

更年期の女性によく聞かれる症状として、腹圧性尿失禁があります。
軽くくしゃみをしただけでも、少し尿が漏れてしまうため、普段は薄いナプキンを下着につけている方もいます。
最近こういった方向けのテレビCMが増えてきましたね。
それだけお悩みの方が多いということです。
ちょっとでも腹圧がかかると、尿が漏れてしまう。
くしゃみだけでも漏れるなら、セックスはなおさら切羽詰まった問題でしょう。
尿漏れが恥ずかしいと、セックスから遠ざかってしまう女性は多くいるのが現状です。

陰部のにおいや、膣炎が気になる

更年期の膣内は、膣壁をカバーしているコラーゲンの量が減ります。
潤った状態から少しずつ遠ざかるため、乾燥してしまうと自然と気になるにおいが発生しがちです。
気にしすぎるあまりにさらににおいに敏感になっていることもあります。
また、膣壁が硬くなりがちな状態の上に、膣自体の弾力も低下します。
それまでは何ともなかった些細なことでも、ちょっとした刺激で炎症を起こしやすいのです。

性器の衰えを見られたくない

更年期になると、デリケートゾーンの黒ずみが気になりがちです。
デリケートゾーンの皮膚は、手足の皮膚と構造が違います。
膣に直結しているデリケートゾーンも、実は女性ホルモンの分泌が低下するといった更年期の影響を受けやすい部分で、うるおいが少なくなると黒ずみがなおさら目立ちやすくなります。

ハリが乏しくなってきたカラダを見せたくない

更年期とお肌の悩みは切っても切り離せません。
お肌も、女性ホルモンの減少に伴いハリが低下してきます。
前ならつんと上を向き、やわらかくマシュマロのようだった乳房や、しなやかなくびれや背中からつやが失われがちです。
以前はシャワーを浴びる際に水を弾いていたお肌も、更年期にはしわが出てしまいがちです。
しみも目立つようになり、男性と顔が近づくとドキドキしてしまいがちになります。
結果、男性の前で肌をさらすことに躊躇してしまいがちです。
こういった更年期とセックスの問題は、例えばセックスの際に潤滑ゼリーを使ったり、婦人科を受診してホルモンを補充してもらうことで、楽になることが報告されています。
最近では更年期障害に効果のある漢方薬も出てきているので、乳がんでホルモン剤が使えない方などに役立っています。
腹圧性尿失禁の場合は、泌尿器科を受診すると治療薬がありますし、骨盤を鍛える体操もあります。

更年期サプリ(エクオール配合)での治療がおすすめです

エクエル

価格 通常料金 4320円(税込)
定期料金 4104円(税込)
成分 大豆胚芽発酵物、オーツ麦ファイバー
内容量 1日4粒目安 28日分
返金保証 なし

そういった対応でももちろんよいのですが、更年期障害の辛さをもっと手軽に気軽に対処できる方法があります。
それは、サプリメントを飲むこと。
更年期の女性の身体に必要な成分を、サプリメントで効果的に補うことで、セックスの際にお悩みの女性のいろいろな症状の改善が期待できるのです。
更年期障害に効果があると言われているサプリメントは、現在多くの企業から多くの種類が販売されています。
ドラッグストアに行くと、あちこちにコーナーが設けられ、選ぶのに迷ってしまいがちです。
こういったサプリは、ネット通販でも購入可能です。
昔から、更年期には大豆イソフラボンがよいと言われてきました。
最近は大豆イソフラボンの代謝物であるエクオールと呼ばれる物質に、更年期障害を緩和する成分が含まれていることが分かりました。
更年期サプリにはいろいろありますが、その中でも「エクオール」は、現在更年期でセックスに関するお悩みをお持ちの方の、心強い味方なのです。
大豆を乳酸菌で発酵させて作った商品なので、食品に分類されるのです。
病院で処方される医薬品には副作用があることがありますが、食品としてのエクオールは薬ではないので、安心して普段の生活に摂りいれることが可能です。
女性らしい気遣いがあふれる暖かいパッケージで、ドラッグストアなどに自ら出向いて購入しなくても、インターネットからの注文が可能です。
お値段もお得ですし、毎日飲む量はあなたの大切な身体に負担にならない量です。
一粒の大きさも一般的な大きさになっています。
錠剤が苦手な方でも、のどでつかえたりする心配なくするりと身体の中へ摂りこまれるのです。

更年期のセックスまとめ

更年期とセックスの関係について、お悩みの女性は本当に多くいらっしゃいます。
なかなか周囲に相談しにくい内容ですので、人知れず苦しんでおられる方も多いでしょう。
毎日の生活にサプリを摂りいれることで、身体の変化だけではなく心の変化も感じることができるようになるでしょう。
身体にも心にも余裕ができると、更年期のセックスがマイナス要素ばかりのものではなく、プラス要素も含まれていると実感できると思います。
更年期は女性だけではなく、男性にも認められています。
男性と女性で症状の違いはあれど、男性側も更年期には性欲の低下や勃起障害などの悩みを抱えます。
更年期とセックスについては、残念ながらまだ日本ではオープンな話ではありませんが、パートナー同士が気軽に話し合えて、お互いを労わりあいながら、無理なく楽しくセックスを楽しめる日が来ることを心から願っています。

-更年期障害の予防

Copyright© おすすめの更年期サプリを比較 , 2018 All Rights Reserved.