2018年更年期サプリランキング!

おすすめの更年期サプリを比較

更年期障害の予防

閉経になると更年期?予兆や前兆などから見る女性の体の変化

投稿日:

女性にとって「閉経」を迎えることは、人生の中においても大きな「節目」となることに間違いありません。
と同時に、どんな女性でも「更年期障害」という言葉が頭をよぎるでしょう。
更年期障害は、閉経を迎える前後の年齢で、発症することが多いとされている病気です。
だからこそ、自分の閉経を迎えるタイミングがとても気になるものですが、閉経を迎える際には、女性の体には予兆や前兆が少しずつ表れ始めます。

ライフステージにおける体の変化

更年期で閉経
女性の体は、人生の中で目まぐるしく変化し、下記のように大きく4つのステージに分けることができます。

  1. 思春期(8歳から19歳)
  2. 成熟期(20歳から45歳)
  3. 更年期(46歳から55歳)
  4. 老年期(56歳~)

思春期にはほとんどの女性が初経を迎え、月経のリズムが安定していきます。
成熟期は、女性として心身ともに安定する時期でもあり、妊娠や出産を経験する適齢期です。
エストロゲンの分泌量も増え、より女性らしさに磨きがかかる時期でもあります。
更年期は、閉経を迎える時期にあたります。
40代半ばから卵巣機能が低下し始め、女性ホルモンの分泌量が減少することで、ほてりやホットフラッシュなどといった、更年期障害の様々な不調が現れ始める時期です。
老年期に入ると、ホルモンの分泌もほとんどなくなることから、骨粗しょう症や骨折などの病気を発症しやすくなります。
女性特有の機能だけではなく、見た目的にも老いが顕著になってくる時期です。

閉経の時期

女性にとって更年期という時期は、女性としても1つの節目となる時期でもあるため、いつその時期を迎えるのか、誰でも気になるものです。
更年期とは、日本婦人科学会において「閉経が起こる前後の5年間」と定義づけられています。
年齢でいうと、45歳から55歳前後が更年期を迎える時期にあたり、日本人が閉経を迎える平均年齢は、50歳前後です。
ですが、当然ながら個人差があることは、言うまでもありません。
このデータを1つの目安として、心に留め置くことでこの年齢に達した時に、閉経を迎える心構えを持つことができます。

閉経を迎える年齢と傾向

前述のとおり、閉経を迎える年齢に対して一定の定義はありますが、必ず皆が皆この定義にあてはまるというわけではありません。
40歳前に閉経を迎えてしまう可能性も充分にあり、その場合は「若年性更年期障害」という1つの病気として捉えられています。
また、初経を迎えた年齢や月経がある時の経血量、日常生活習慣や食生活によっても閉経を迎える年齢には、大きく個人差が現れます。
妊娠や出産を経験したかどうかも、閉経の時期に影響を与えるものです。
若い頃に経験した、過度なダイエットや極度のストレスなども影響を与え、閉経の時期が早くなる傾向にあります。

閉経の定義とは

ただ単純に月経がこなくなれば、閉経なのかと思うかもしれませんが、日ごろから月経不順に悩まされているような人の場合、月経不順との区別が難しくなるものです。
閉経は、月経がこなくなり、1年経過すると閉経と判断されることが多くなります。
閉経を迎えてもおかしくない年齢だと、月経が止まったことで閉経を迎えたと思ったのに、数か月たったらまた月経がきた、という話もよくある話です。
月経があれば、排卵が起こっているという証拠でもあり、妊娠の可能性も充分あるため、閉経を迎えたかどうかの判断は、慎重に行う必要があります。
はっきりとわからない場合は、基礎体温をつけてみるという方法も、1つの判断方法です。
排卵があったことを締める「高温期」が現れなければ、排卵がなかったと判断することができます。
また医療機関においても、年齢やホルモン検査、膣内のPHなどから閉経を迎えたかどうかの検査を受けることができます。

閉経前に現れる体の変化

更年期と呼ばれる年代に突入する年齢になると、いつ閉経を迎えるかとドキドキするものです。
ある程度心構えをしているつもりでも、いきなり閉経を迎えてしまうと精神的なショックや衝撃も大きくなりますが、閉経を迎える際には、少しずつに体に変化が現れます。
これまで通常通りの月経があったのに、突然ぱったりと月経が止まってしまい1年が経過したという人は、意外と少ないものです。
ほとんどの女性に、何かしらの前兆や予兆が体に現れ、これから閉経を迎える時期が来るというサインを送るようになります。
大切なことは、この体のサインを見逃さないことです。
更年期の年代に入ったら、常に月経の様子を確認し、些細な変化を見逃さないようにしなくてはいけません。
閉経だけではなく、子宮頸がんや卵巣がんなど女性特有の重篤な病気を発症しやすくなる年代でもあるため、これらの初期症状を見逃さない注意も必要です。

前兆① 周期と期間

閉経前に現れる前兆として多いのが、月経周期に関するものです。
一般的な月経周期は28日周期で、5日から7日間ほど月経が続くものですが、閉経を迎える頃になると、この周期が少しずつ乱れてきます。
これまでリズム正しくやってきた月経と月経の間が空くようになり、2カ月以上空いてしまうこともでてきます。
この年代になると、忘れた頃にまた月経がやってくるということも、頻繁に起こるようになるのです。
また、周期以外に変化があるのが、月経が起こる期間です。
月経が続く期間にも変化が現れ、5日だった期間が3日になったりと、月経期間も短くなる人が多くなります。

前兆② 経血量

これまでの経血量に比べ、少なくなっていきます。
女性ホルモンの分泌量が減少するため、厚みのある子宮内膜を形成できなくなることが、その原因です。
月経時には、厚みのない子宮内膜が剥がれ落ちることになるため、経血量も減少していく傾向にあります。
反対に、経血量が増加する人もいます。
エストロゲンとプロゲステロンの2種類のホルモンが、周期に合わせてバランスよく分泌されることで月経が起きますが、どちらかの分泌量に変化があると、経血量にも変化が現れるものです。
経血量が増加する人は、黄体ホルモンでもあるプロゲステロンの分泌量が減少することで、子宮内膜が厚く形成され続け、経血量が増加してしまいます。

前兆③ 毛髪や肌の変化

閉経を迎える前には、女性機能の変化だけではなく、毛髪や肌にも変化が現れることもあります。
肌のハリがなくなり、シワやたるみが目立ったり、肌トラブルが増えたりする症状も前兆の1つです。
毛髪はコシがなくなり、1本1本が細くなっていくため、髪の毛全体のボリュームがなくなり、薄毛になっていきます。
このような、見た目の変化が同時期に起こることも、更年期の前兆とされているのです。
女性ホルモンの分泌量が低下することで、女性らしさを形作るものにも少しずつ変化が現れてしまいます。

「ノムダス」というサプリ

ノムダス

価格 通常料金 6,980円
初回 1,260円
2回以降 3,980円
成分 エクオール産生菌
内容量 1か月分
返金保証 なし

更年期を迎える頃になると、更年期障害と呼ばれる不快な症状に、頭を悩まされる人もでてきます。
自分でできる対処法として、適度な運動や日常生活、食生活の改善などがありますが、サプリメントを摂取するという方法も有効的です。

「ノムダス」というサプリメントには、40代50代に入った女性の体が、不足しがちな栄養素をたっぷり配合されています。
中でも2人に1人の割合でしか自分の体内で生成することができない「エクオール」を、「エクオール産生菌」として配合することで、自力での体内エクオール生成を実現しました。
黒大豆も配合され、さらにエクオール産生菌が体内に吸収されやすいようサポートします。
和漢植物や乳酸菌も同時に配合し、更年期に入る年代の女性の体に起きるトラブルを、解決してくれるサプリメントです。

まとめ

更年期の年代に入ると、いつ閉経を迎えるのだろうかと不安に感じる人も少なくありません。
ですが、閉経を迎える頃には、きちんと体から前兆として何かしらのサインが出るものです。
むやみに恐れることなく、体から出るサインを見逃さないようにキャッチすることで、閉経を迎える心の準備も、整えることができるようになります。
閉経や更年期障害についての知識を自分自身で深めることで、感じる不安を少しでも払しょくすることができるのです。

-更年期障害の予防

Copyright© おすすめの更年期サプリを比較 , 2018 All Rights Reserved.