消化器系

40過ぎの女性の胃もたれや胸やけは更年期障害からくるもの

投稿日:

40歳を過ぎた女性は、胃もたれや胸やけを自覚することがありますよね。30代の頃と比べて特に症状を自覚しやすい、そんな場合が珍しくありません。この胃もたれや胸やけですが、更年期障害からくるものの可能性があります。そこで更年期による胃もたれや胸やけについて検討していきます。

更年期による胃もたれや胸やけの原因について

更年期になるとどうして胃もたれや胸やけが多くなるのか、その原因が気になるところですよね。そこで考えられる原因を、3つほどリストアップします。

  • 自律神経の不調による消化不良
  • ストレスによる胃腸機能の低下
  • 食事量の増加

胃腸機能は、自律神経のはたらきが関係してきます。更年期に突入した40代の女性は、自律神経がどうしても乱れやすいですよね。ちょっとしたことで過敏になり、すぐにイライラしてしまいかねません。このような状態は、消化不良をどうしても引き起こしやすくなります。それはストレスによる胃腸機能の低下にもつながってくることで、胃腸機能が低下すれば食べたものをスムーズに消化できないですよね。それに加えて食事量が増加すれば、胃もたれや胸やけをするのは当たり前です。

更年期ならではのホルモンバランスの乱れが、胃もたれや胸やけの原因となってしまっている可能性があります。

更年期の胃もたれや胸やけをどう予防するのか

更年期の胃もたれや胸やけの症状を軽くしたければ、しっかりと予防することが大切ですよね。その予防法について紹介します。

ヨーグルトを食べて胃腸の働きを活発にする

ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、胃腸の機能を活発化させるのに効果的だといわれていますよね。更年期で胃腸の機能が低下しやすいなら、そうならないような成分を摂取することが解決の糸口になります。ヨーグルトを食べる習慣を身につけ、腸内環境を整えるのはおすすめです。

適度な運動をして健康的な食事を

日常生活に適度な運動を取り入れることは、健康的な食事を促しますよね。体を動かさなければ代謝は悪くなりがちですし、そうなると消化不良を引き起こしやすくなります。胃もたれや胸やけをしやすくなるということですよね。少し体を動かす程度でも構いませんから適度に運動をし、健康的な食事を目指すことが大切です。

更年期の胃もたれや胸やけの対処法

いろいろと気をつけているのに胃もたれや胸やけを感じてしまったら、対処しないといけないです。症状があまりに酷い場合は、医療機関を受診するのがベストです。それ以外の対処法も解説します。

食事量を減らして様子を見る

40代になれば、若い頃のような食事量を体が必要としていない可能性があります。つまりたとえ30代までと同じ食事量でも、食べ過ぎ状態なのかもしれません。それなら食事量を減らすことが、胃もたれや胸やけの対処法として効果的な場合があります。間食はしないほうがいいですし、脂っこい食べ物やカロリーの高そうな食べ物や消化しにくい食べ物は控えます。必要最低限の食事量を探っていくことが大切ですね。

ストレスを突き止めて対処

更年期にストレスはつきものですので、そのストレスの原因を突き止めて対処するのも方法の1つです。特に精神的ストレスは、あるのとないのとで大違いです。ストレスを溜め込まないように注意です。

更年期に胃もたれや胸やけを感じたら要注意

更年期と呼ばれる年齢に入って食事後に胃もたれや胸やけを感じたら、それは要注意のサインです。たまたまならまだしも、毎回そうなるようでは辛いですよね。そんな時は病院への受診を検討するとともに、原因と対策について向き合わないといけません。まずはそのような症状が出ないように予防し、更年期の胃もたれや胸やけにならないよう気をつける必要があります。

-消化器系

Copyright© おすすめの更年期サプリを比較♪対策・改善に良い市販の更年期サプリは? , 2019 All Rights Reserved.