消化器系

更年期女性の下痢・便秘

投稿日:

更年期になると女性ホルモンのエストロゲンが急激に減ってしまって、自律神経のバランスが崩れやすくなります。
自律神経は体の色んな所を管理していて、消化器官もその1つなんです。
腸内環境悪化したり腸の活動にも影響してしまって、便秘や下痢が起きてしまいます。
消化不良を起こしたり、老廃物の排出がきちんと行われにくくなって、症状が出やすくなりますね。

ストレスと加齢による腸内環境の乱れ

更年期世代は生活にも大きな変化が出る世代ですね。
仕事をしている人は昇進して仕事のストレスがかかりやすくなりますし、子供が独立したりなど環境の変化も大きいです。
そんな心理的な負担も影響しています。
また、年齢と共に腸内環境が悪化しやすく、腸の善玉菌が減ってしまいます。
腸の働きが鈍ってしまって、下痢や便秘になりやすいです。

善玉菌の元になる乳酸菌を取り入れる

下痢や便秘が起きてしまうのは、腸内環境が乱れていて腸がしっかり働けないからです。
腸の善玉菌を増やしてくれる乳酸菌を積極的に取り入れるようにしましょう。
ヨーグルトなどの乳製品、漬物やキムチ、味噌やしょう油などに含まれています。
最近はヨーグルトでも機能性の高いものが増えていますから、毎日食べるようにするのがポイントです。
どうしても食品から取りにくいという人は、乳酸菌サプリメントを活用するのがおすすめです。

腸内環境を整える食物繊維

食物繊維は第6の栄養素として注目されていて、腸内環境を整えるのに効果的なんです。
腸を刺激してくれてぜん動運動が促されますから、腸の活動が活発になります。
腸内の余分な水分を吸収したり、硬くなった便に水分を与えて柔らかくしてくれて、スムーズに排便できるように助けてくれます。
善玉菌のえさにもなりますから悪玉菌を減らしてくれて、腸内環境を改善しやすくなります。
野菜や果物、きのこ類や海藻などに多く含まれていますから、食事でしっかり取り入れていきましょう。

ストレスをためない生活を送る

ストレスも下痢や便秘の原因になりますから、なるべくストレスをためない生活を送るのが大事ですね。
気分がリフレッシュされる自分なりのストレス解消法があれば、それを実践していきましょう。
スポーツや趣味に打ち込んだり、友達とおしゃべりしたりショッピングに出かけるなど、ちょっとしたことでも心理的な負担を減らせます。
自分が心地いいなと感じられることに取り組んで、無理をしないようにしましょう。

睡眠は体と心の回復に重要

つい忙しくて睡眠時間が不足していたり、ぐっすり眠れていないと体も心も回復しにくくなります。
腸の機能など体が回復しにくいですし、自律神経のバランスがますます崩れやすくなって、心の回復もしにくくなります。
疲れがたまるほど下痢や便秘を起こしやすくなりますから、しっかりと安眠できるよう心がけましょう。
早めにベッドに入って睡眠時間を確保したり、寝つきがよくなるように寝る1時間前には、パソコンやスマホをいじらないなど、睡眠の質を高める努力が重要ですね。
起きたらすぐに朝日を浴びるようにするだけでも、体内時計がリセットされて、その日に眠りやすくなります。
睡眠はホルモンバランスを整えるのにも効果的ですから、更年期全般の症状を楽にしてくれます。

更年期サプリを試してみる

便秘薬や整腸剤だとちょっと抵抗があるなら、更年期用のサプリを試してみましょう。
ホルモンバランスを整えたりめぐりをよくする働きがありますし、種類によっては不足しやすい栄養を補給できるタイプもあります。
下痢や便秘だけでなく、ホットフラッシュやイライラなど、色んな症状の緩和に役立ってくれます。
色んな種類のものが販売されていますから、自分に合うものを取り入れてみましょう。

-消化器系

Copyright© おすすめの更年期サプリを比較♪対策・改善に良い市販の更年期サプリは? , 2019 All Rights Reserved.