血管運動神経

更年期障害で寝汗・発汗が多くなったら?対処法と原因を探る

投稿日:

更年期の症状の1つに寝汗・発汗があります。
40代以降で寝汗・発汗が起こる場合は、更年期のサインかもしれません。
そこで更年期に起こる寝汗・発汗の症状や、原因、対策について紹介していきたいと思います。

更年期の寝汗・発汗の症状について

更年期の寝汗・発汗の症状は、寒いのに、寝汗をかくことや、寝汗がひどくて眠れないことや、夜中に暑くて目が覚めてしまうことなどがあげられます。
このような状態が続く場合は、更年期の症状が考えられます。
あまりにひどくなると、睡眠の質が下がり、疲れがなかなかとれなくなったり、何度も夜中に目が覚めて、睡眠障害を引き起こしてしまうこともあります。
症状がひどい場合は、早めに病院で治療を受けるのがおすすめです。
40代以降で寝汗・発汗の症状が続いて辛い場合は、早めに病院に行きましょう。

原因について

更年期の寝汗・発汗の原因は、エストロゲンの減少により起こります。
更年期になると、女性ホルモンの1つであるエストロゲンが急激に減少してしまいます。
エストロゲンが減少してしまうと、血管の収縮や拡張をしている自立神経が乱れてしまいます。
自立神経が乱れてしまうと体温調整が上手くできなくなってしまいます。
体温調整が上手くできなくなってしまうことにより、寝汗・発汗を引き起こしてしまうのです。
寝汗・発汗の原因は、エストロゲンの減少による自律神経の乱れなのです。
また、ストレスが溜まると症状が悪化しやすくなるので注意が必要です。

更年期の寝汗・発汗を改善するには?

更年期の寝汗・発汗を改善するには、病院での治療がおすすめです。
病院では、それぞれの症状に合わせて治療をしてくれるので、病院で治療をしてから、更年期の症状が楽になったという方も多いです。
特に、更年期の寝汗・発汗の原因であるエストロゲンの減少を改善するために行う薬物療法は、エストロゲンを効果的に補充することができるため、寝汗・発汗の症状の改善が期待できます。
他にも、漢方薬や、サプリメントを利用した治療もあります。
医師と相談しながら、適切な治療を受けることにより、寝汗・発汗の改善が期待できるので、寝汗・発汗の症状が辛い場合は、早めに病院に行き、相談しましょう。

普段の生活で改善するには? 

更年期の寝汗・発汗を普段の生活で改善するには、バランスのよい食事を心がけ、規則正しい生活をするのが一番です。
適度な運動もおすすめです。
とくに朝に日の光を浴びたり、夜しっかり寝たりすると、自律神経を整えやすくておすすめです。
食べ物では、納豆などの大豆製品がおすすめです。
納豆などの大豆製品には、エストロゲンに似た働きをしてくれる大豆イソフラボンが含まれています。
エストロゲンが急激に減少する時期に大豆製品を食べれば、大豆イソフラボンがエストロゲンに似た働きをしてくれるから、更年期の寝汗・発汗の症状を軽くすることができておすすめです。

ストレスをためないようにしよう

更年期の症状は、ストレスでも悪化しやすいといわれています。
適度にストレスを解消したり、リフレッシュできる趣味を持つようにしましょう。
入浴剤を入れて、ゆっくりお風呂に入るのもおすすめです。
入浴剤のよい香りをかいでリラックスすると体の疲れもとれて気分もよくなりおすすめです。
更年期の症状により発汗・寝汗以外にも気分も落ち込みやすくなるので、楽しく過ごしていけるように、自分の好きな趣味をしたりしてストレス解消するようにしましょう。
好きなことをして過ごす時間は、ストレス解消にもなり、気持ちも明るくなるからおすすめです。

更年期の寝汗・発汗まとめ

更年期の症状の1つである寝汗・発汗の症状や原因、対策について紹介しました。
症状が辛い場合は、早めに病院で治療するのがおすすめです。
また、規則正しい生活やバランスのよい食生活を心がけて健康的な生活をしていくと、症状が改善されやすくておすすめです。

-血管運動神経

Copyright© おすすめの更年期サプリを比較♪対策・改善に良い市販の更年期サプリは? , 2019 All Rights Reserved.