更年期障害のケア

更年期障害を運動でケア

投稿日:

更年期による弊害は、運動によってある程度緩和することができます。
運動不足で体を動かさない生活が日常化するのは、あまりいいことではありませんよね。
そこで更年期障害を運動でケアするにはどうすればいのかを、これから解説していきます。

更年期による弊害を緩和するのにおすすめの運動

更年期障害を運動でケアする方法は、いくつかあります。
おすすめの運動は、下記に挙げる3つです。

  • ウォーキング
  • ストレッチ
  • 軽いスポーツ

更年期障害を運動でケアするポイントは、必ずしもハードな運動をしなければいけないわけではないところです。
更年期になっていたら、若い頃のように体がスムーズに動かない可能性がありますよね。
いくら運動が更年期による弊害を緩和するとはいっても、ハードな運動をしてケガをしたり体に痛みを感じるようでは本末転倒です。

行った後に軽く汗を流す程度の運動なら、体を痛めてしまいにくいです。
この観点からみたとき、ウォーキング、ストレッチ、軽いスポーツは、おすすめです。
運動不足になってしまわないように日常生活の中に上手く取り入れ、更年期による弊害を緩和していくことを目標にするのがおすすめです。

体を動かせるとともに気分転換にもなる運動がウォーキング

道具や設備を必要とせずともできるウォーキングは、更年期障害を運動でケアしたい時におすすめの方法です。

歩くだけでいいから体にダメージが残らない

ウォーキングのいいところは、ただ歩くだけなので運動をした後体にダメージが残りにくい点です。
速く歩くことよりも、一定のペースでリズムよく歩くことを心がけるのがポイントですよ。
歩いているうちに体が自然と温まっていき、気持ちのいい汗をかくことができます。
代謝の活発化になりますよね。

ウォーキングは気分転換に最適

気分がすぐれないのも更年期でよくある弊害ですが、ウォーキングは気分がすぐれない時の気分転換に最適です。
特に普段行かないような街のウォーキングは見るものすべてが新鮮ですので、いい刺激になりますよ。
また自然あふれる場所を歩けばリラックス効果も見込めますし、ウォーキングが十分な気分転換になります。

楽しく運動できるのがストレッチとスポーツ

ストレッチとスポーツは、どちらも楽しく運動できるのがいいですよね。

スポーツ前にストレッチをしてケガを予防

スポーツで怖いのは、ケガをしてしまうことです。
更年期の弊害を緩和したいがためにケガをするのは、避けないといけないですよね。
まずストレッチで体をほぐし、スポーツができる準備をしないといけません。
焦らずゆっくりと「これから体を動かすよ」という気持ちで入念に行うことが大切です。

スポーツは楽しさ優先

プロではないのですから、スポーツは楽しさ優先で無理し過ぎないように心がけることが大事です。
一緒にスポーツをする相手と楽しみながら気分よく体を動かすことが、更年期の弊害の緩和につながりますよね。
勝敗にはあまりこだわらず、適度に体を動かすのがおすすめです。
趣味のスポーツサークルに加入するのも悪くないですね。
スポーツを楽しめば、更年期の弊害がおさえられます。

更年期の対策に運動を取り入れる

更年期の対策方法はいくつかありますが、そのうちの1つとして効果的だとされているのが運動です。
ウォーキング、ストレッチ、軽いスポーツは体に適度な刺激を与え、活発化させてくれますよね。
運動にのめり込み過ぎてオーバーワークになっては元も子もありませんので、その点には十分注意しないといけません。
コンスタントに運動をすることでとても活動的になれますし、気分転換にもなります。
そこが更年期障害を運動でケアするメリットですよ。

-更年期障害のケア

Copyright© おすすめの更年期サプリを比較♪対策・改善に良い市販の更年期サプリは? , 2019 All Rights Reserved.