更年期障害のケア

更年期障害を病院でケア

投稿日:

更年期障害が発生する時期は、女性なら閉経を挟んで前後5年ずつの合計10年間が目安となります。
10年間を乗り切ってしまえば、基本的に更年期障害が永続的に残ることはありません。
では、更年期障害を病院でケアするためにはどのような点に注意する必要があるのでしょうか。

2種類のケア方法があると知ろう

更年期障害を病院でケアする際には、治療方針として短期と長期の2種類をどうするか決める必要があります。
なぜなら、更年期障害の症状にはホットフラッシュと呼ばれる急激な動悸や息切れを起こすケースが少なくないからです。
持病を原因とする症状と更年期障害による症状を見極めつつ、短期間に発生する急激な更年期障害の症状については、すぐに対処しなければなりません。
処方薬により症状をすぐに緩和出来るからこそ、病院でのケアは短期的な対処に強いです。

短期的な治療は病院なら薬で対処出来る

急激な症状を発生させるホットフラッシュは、検査結果には表れないことが少なくありません。
頻脈や不整脈については心電図検査により異常を発見出来ますが、病院でケアをする際にはエストロゲンの血中濃度を測定することで更年期障害の疑い有無を確認出来ます。
本人の自覚症状が中心の更年期障害は、エストロゲンの血中濃度という数値で確認出来ることが最も望ましいことです。
急激なエストロゲン減少が原因ならば、一時的にホルモンバランスを調整することで症状を抑えることも出来ます。

ホルモン療法は継続する場合リスクがある

ホルモン療法は更年期障害を病院でケアした場合のみに医師が行える治療方法ですが、乳がんリスクが発生するので余程症状が重い場合に短期的に行われる治療方法と考えて良いです。
継続してホルモン療法を行うと、乳がんリスクを管理しきれなくなる可能性があるので、他の持病との兼ね合いで手段が無い場合に用いられます。
不足しているエストロゲンを直接補うことが出来れば、すぐに更年期障害の症状は収まりますが、投与するエストロゲンの量管理が難しい課題です。

長期的な治療は生活の質向上を目指そう

更年期障害を病院でケアするもう一つのメリットは、長期的な治療を行う際に処方薬の漢方薬を利用出来る点にあります。
市販の漢方薬よりも生薬の量を増やした上で、他の薬との飲み合わせをチェックしながら行えます。
女性の更年期障害は最大で10年間経過すれば身体がエストロゲンの減少に慣れて症状がでなくなるので、それまでの期間を快適に過ごすために生活の質を向上させる目的で管理投薬が行われるわけです。

長期的な治療は漢方薬が用いられることが多い

長期的な治療に使われる漢方薬は、個人の体質に合わせて似た効果を持つ薬が複数存在します。
一般的な西洋薬では本人の体質は考慮されずに体重別で薬の処方量が決まる仕組みです。
しかし、漢方薬を更年期障害のケアで使うためには、専門知識を持つ医師が本人の体質を分析して数多くの漢方薬から体質に合わせた処方が行われます。
効き目が同じ成分の漢方薬が名前違いで存在することは、長期的な更年期障害ケアには医師の分析力が必要です。
漢方薬の成分は生薬を基にして作られているので、原則として長期間飲み続けても身体に掛ける負担が少ないものが多いです。

病院でケアまとめ

更年期障害を病院でケアすると、短期的な緊急性が高い症状の即時緩和と長期的な更年期障害管理ケアの両方を行えます。
しかし、全ての医師が更年期障害のケアに精通しているわけではないので、短期的なケアと長期的なケアを分けて考えると良いです。
更年期障害の長期的なケアには、継続して飲用しても問題ない生薬から作られた漢方薬が用いられることが多く、医師の処方箋が必要な漢方薬ならば他の薬との飲み合わせについても常に相談出来る安心感があります。

-更年期障害のケア

Copyright© おすすめの更年期サプリを比較♪対策・改善に良い市販の更年期サプリは? , 2019 All Rights Reserved.