2018年更年期サプリランキング!

おすすめの更年期サプリを比較

更年期障害の原因

更年期障害とは?更年期に起きやすい症状(原因)

投稿日:

更年期障害は多くの人を苦しめていますが、原因を特定し対策を講じれば更年期障害も多少楽になります。
そこで、この記事で更年期障害の原因について確かめてみましょう。
男女それぞれ原因が存在するので、そこを確認するだけでも症状が収まるかもしれません。

更年期障害とは

40歳からの更年期障害

更年期

そもそも更年期とは、おおよそ40代から50代にかけてを指す言葉です。
稀に60代も同様に考えている方もいますが、この時期になると老年期に入るので厳密には更年期とは異なります。
20代30代ではイライラすることも少なかったのに、この年代になると精神的に落ち着きを失い始めてきた、という方はまさに更年期障害の典型的な症状といえるでしょう。
特に女性の場合、閉経後が更年期と考えることもできます。
閉経後は体のホルモンバランスが崩れてしまい、そこから体の調子も同様に崩れてしまうのです。

更年期障害とは

こうした更年期に入りホルモンバランスが崩れることによって、自律神経にも影響してしまいます。
自律神経は本来ストレスなどで乱れてしまうデリケートな存在ですが、更年期に入ると一層この自律神経が乱れてしまいやすくなるのです。
また、自律神経の乱れは心身ともに変化をもたらします。
身体的な変化としては頭痛が酷くなったり、食欲が大きく変化してしまうことも多く、生活習慣が大きく変わることもあります。
精神的な変化としては、落ち着きがなくなったり鬱状態に陥ることも多々見られます。
どちらか一方だけ発症するというよりも合併症のようにいくつかの症状が併発することも多いので、こうした症状が最近増え始めた方は注意が必要です。

更年期障害と終わり

更年期障害に悩み始めた方にありがちなのが、今後一生これら不便な思いをしなければいけないのか、という不安でしょう。
更年期障害に悩んでいる最中は確かに辛いかもしれませんが、更年期に終わりがあるように更年期障害にも終わりがあります。
それもきちんと対策することで更年期障害の辛さを緩和したり、終わりを早めることもできます。
こうした対策を可能にすることこそが更年期障害について知る理由の一つであり、自分を追い詰めないための手段でもあるのです。
もちろん若い頃のようにはいかないかもしれませんが、今よりもっと楽になるかもしれないと考えることが更年期障害に対する対抗策なのです。

更年期障害とサプリメント

更年期サプリ

サプリメントと利便性

サプリメントはとても便利な存在で、更年期障害対策向けに販売されているサプリメントも多数あります。
女性ホルモンの代わりに働いてくれるエクオール、自律神経を整えてくれるパラミロンなど、それら成分を複合的に摂取することで体内のバランスを整えるのです。
サプリメントなのでいきなりは効果が現れないかもしれませんが、毎日使い続けることで徐々に更年期障害の症状が収まってくるでしょう。
予防として飲むことも効果的なので、まだ本格的に症状が現れていない方にもおすすめです。

更年期にはキレイ・デ・エクオール

キレイ・デ・エクオール
エクオールがたっぷり配合されているサプリメントがこの「キレイ・デ・エクオール」です。
エクオールを摂取できることに加え、乳酸菌で腸内環境を整えエクオールの効果をより高めることに成功しています。
女性の悩みである便秘解消にも頼れるサプリメントなので、更年期障害以外の体の不調にも優しいサプリメントでしょう。
また、ポリフェノールやリンゴセラミドによる美肌効果も期待できます。
更年期に入り肌の潤いが失われたと実感している方は、この機会にアンチエイジングを施してみるとよいでしょう。

女性と更年期

エストロゲン

更年期障害は女性の場合、女性ホルモンが減少することで発生します。
女性ホルモンの減少自体は加齢によるもので、ある意味どうしようもありません。
女性ホルモンはエストロゲンとも言いかえられますが、閉経後エストロゲンが生成されなくなるためホルモンバランスが崩れます。
不足している女性ホルモンを外部から補う場合も、不足分を全て補うことは難しいかもしれませんが、サプリメントなどで今はある程度カバーすることは可能です。

更年期障害を加速させる原因

更年期障害の厄介なところは、ストレスなどで更年期障害が加速する可能性があることです。
更年期はストレスを溜め込みやすい時期でもあり、更年期障害によりさらにストレスが加速することも多々あります。
そのため、いかにストレスを発散させるかも更年期障害を解消する手助けとなるでしょう。
ストレスとはある程度付き合わなければならないにしても、少しストレスの原因から距離を置いてみることで更年期障害の進行を多少食い止められる要因になるかもしれません。

男性と更年期障害

男性ホルモンの減少

更年期障害と言えば女性をイメージするかもしれませんが、男性でも更年期障害に悩んでいる方はたくさんいます。
自覚していなくても、実は更年期障害だったと後で発覚するケースも珍しくありません。
男性の場合、男性ホルモンが減少することで更年期障害が進行することが多く、女性と同様にホルモンバランスの乱れが直接的な更年期障害の発症に繋がります。
特に男性の場合は、男性ホルモンが減少すると男性機能を維持することも難しくなり、男性として自信を失うことも多くなります。
こうした喪失感や後ろ向きな気持ちが更年期障害を加速させてしまい、憂鬱な気持ちになりかねないのです。

憂鬱な気持ち

男性の更年期障害は憂鬱な気持ちになるケースも多く、今までの趣味を続けられなくなるなど日常生活が変化することもあります。
特に集中力が続かなくなることで仕事にも支障をきたす場合など、余計に自分に失望してしまいやる気が減退してしまうのです。
女性の更年期障害と同じ点として、更年期障害の悪化がさらに悪循環に繋がります。
体の問題、心の問題、どちらも表面化しやすい年齢だからこそ今まで以上に体のケアを怠らないことが大切なのです。

更年期障害と対策方法

運動

更年期障害対策として運動は広く取り入れられており、更年期障害の指数が運動により低下した研究結果も報告されているほどです。
何より、ストレス対策に運動はうってつけです。
有酸素運動はストレスを軽減させてくれますし、体力をつけることで行動力も高まります。
水泳など有酸素運動にはいくつもの種類があるので、自分に適した運動方法を取り入れて更年期障害対策を進めていきましょう。
それ自体を趣味にすることでさらなるストレス発散が見込めますし、おすすめの方法です。

バランスの良い食事

食生活が偏っている方は、この機会にバランスを見直してみましょう。
野菜もしっかりと食べて、心身共に健康にすることで更年期障害対策の一環とすることができます。
女性の場合は大豆を積極的に食べるとよいでしょう。
大豆イソフラボンには女性ホルモンの代替効果が期待できる成分を生成できる効果が見込めるので、女性ホルモンをうまく生成できない体質の方は特に重要な食べ物となるのです。
食生活の偏りを上手く治せない方は、サプリメントなどを使ってサポートするとよいでしょう。

医療機関を頼る

医療機関を頼ることで、直接不足している女性ホルモンなどを補給する方法もあります。
不足している成分を直接補給できるため効果は高いものの、費用もそれなりにかかるのでやはり最後の手段と考えて問題ありません。
とはいえ、辛くなったときは素直に頼ることも大切です。
医療機関を頼るほどではないと甘く見ていると、徐々に無気力になってしまい結局医療機関を頼れず終いだった、という可能性すらあります。
そうならないためにも、無理せず医療機関のお世話になることも検討しておきましょう。

-更年期障害の原因

Copyright© おすすめの更年期サプリを比較 , 2018 All Rights Reserved.