2018年更年期サプリランキング!

おすすめの更年期サプリを比較

更年期障害の原因

更年期障害の症状はだいたい何歳から出始めるのか?

投稿日:

女性特有の体の変調に更年期障害があります。
高齢を迎えたことで閉経になり、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少したことで様々な不調を引き起こします。
ところが、まだ20~30代の若い世代にも更年期障害と同じ体調の変化をきたすことがあります。

若年性更年期障害

何歳から更年期になるの?
女性ホルモンの減少を原因とする更年期障害は40代後半から~60代の女性に起きますが、30歳前後の若い女性にホルモンバランスの乱れから起きる同様の症状を「若年性更年期障害」と呼んでおり、加齢による更年期障害より問題の多いのが実態です。

若年性更年期障害の原因

通常の更年期障害は閉経による女性ホルモンの減少で発症しますが、若い世代には閉経が無いため、閉経以外の原因によって卵巣機能が弱まることで発症します。
つまり、誰にでも起きる症状ではなく、以下などの異常な状態を続けたことによるホルモンバランスの乱れが原因になっています。

  • 過度なダイエット
  • 肥満
  • 心身の大きなストレス
  • 不摂生な生活

上記の結果、生理が止まることで更年期障害と同様の症状が起きます。
なお、近年では初潮の年齢が昔と比べて年々低下しています。
ところが、女性が一生の内に排卵する卵子の数はある程度限りがあるため、生活環境の変化で生理の時期が早まるとその分、早く閉経を迎えるという現象が起きています。

過度なダイエット

若年性更年期障害の原因として最も影響の大きいのが、過度なダイエットです。
体の生理機能に支障を与えずに、健康的にゆっくりとダイエットをするのであれば問題ありませんが、短期間に一気に痩せるようなダイエットは体に大きな負担を与えます。

特に、ファスティングダイエットという、食事を控える断食のようなダイエットは若年性更年期障害のリスクが高まります。
若いからと無理をすると、後で若年性更年期障害を引き起こすことがあります。

肥満

ダイエットが良くないからといって、肥満も若年性更年期障害の大きな原因になります。
過剰な中性脂肪やコレステロールが体の新陳代謝を阻害し、それが生理不順などホルモンバランスの乱れを生じさせます。

心身の大きなストレス

心身のストレスには以下などがあります。

過度な運動

散歩などの有酸素運動は新陳代謝の促進など、体にとって有効ですが、過酷な運動を続けると体に悪影響を与えることがあります。
毎日ハードな練習を行うアスリートには若年性更年期障害を発症する人が少なくありません。

精神的ストレス

精神的なストレスが過度になると、自律神経を乱します。
実際に、ストレスが原因で生理が無くなる女性が多くいます。
近年は、女性の社会進出が一般化していることから、仕事や人間関係、仕事と家庭の両立、出産・子育てなど、女性にストレスを与える要因が増加しています。
少しくらいのストレスなら発散できても、悩みが深くなって眠れないような日々が続けば、ホルモンバランスが大きく乱れます。

不摂生な生活

不摂生な生活が心身に負担を与え、女性ホルモンの分泌を乱すようになります。

不規則な生活習慣

朝に起きて、夜に寝るという生活のリズムを崩すようなことをしていれば、病気になるばかりではなく、女性としての健康も保てません。
特に、不規則な生活は食事の偏食にも繋がる傾向があり、栄養バランスの乱れが体の生理機能を侵します。

喫煙

喫煙は血の巡りを悪くするため、ホルモンバランスを乱します。
禁煙が無理であるなら、本数を減らすなり、ニコチンやタールの少ないタバコに変えたりするなどの努力が必要です。

若年性更年期障害の症状

若年性更年期障害の症状は加齢による更年期障害の症状とほぼ変わりません。
血管運動神経系の症状としては、ホットフラッシュ(のぼせやほてり、多汗、息切れ、動悸など)があり、精神神経系の症状では、めまいや立ちくらみ、耳鳴り、うつ状態、イライラ、不眠などがあります。
その他にも、冷えやむくみ、ドライマウスやドライアイ、疲労感、肩こりなどの症状が起こります。

若年性更年期障害の症状で特に危険な症状と言えるのが、「生理不順」です。
加齢による更年期障害の場合は年齢的な閉経ということであり、病気ではありませんが、若年性更年期障害の年齢で生理が無いということは異常なことです。
一番怖いのが、若い内に生理不順になってしまうと、妊娠ができなくなる危険性の高まることです。

例え、生理が止まらないまでも、卵巣機能が低下することはエストロゲンの分泌の低下や、ホルモンバランスの異常に繋がり、若い女性の場合は不妊の原因になることがあります。
また、ホルモンバランスが乱れてしまうような不健康な生活をしていれば、他の病気や障害になる危険も潜んでいます。

さらに、若年性更年期障害は女性の体にとって不利益をもたらします。
女性の体は女性ホルモンによって美しさを醸し出します。
その女性ホルモンが減少してしまうと、女性としての体の老化や劣化が早まります。
結果として、しわやシミ、薄毛、白髪などの老化現象を引き起こします。

PMS(月経前症候群)との違い

若年性更年期障害とよく似ているため、間違える症状として「PMS(月経前症候群)」があります。
PMSというのは、生理が始まる約2週間くらい前から体に起こる様々な不調のことです。
名前の通り、生理の前に不調が起きる症状のことであり、生理が始まると軽くなっていき、自然に消えます。
PMSも不眠や頭痛、むくみ、イライラ、うつなど心身面で様々な症状を引き起こしますが、若年性更年期障害で起こりやすいホットフラッシュの症状はありません。
また、PMSは生理前だけに起こりますが、若年性更年期障害は生理の周期には関係なく発症します。

2つの障害を見分けるには、基礎体温を付けてその症状が黄体期(基礎体温が高い高温相)に出ているかどうかを確認すると分かります。
なお、一つ言えることは、PMSが起こりやすい人は若年性更年期障害にもなりやすい傾向があります。
ホルモンの乱れを引き起こしやすい体質だからです。

若年性更年期障害の改善策

若年性更年期障害の改善策は基本的には加齢による更年期障害の対策と同じです。

婦人科を受診

病院の婦人科を受診して処置をしてもらいます。
必要な場合はホルモン補充療法(HRT)などの施術を受けます。

サプリメントの摂取

近年は更年期障害用のサプリメントが販売されています。
若年性更年期障害は基本的には加齢による更年期と同じですので、更年期障害用サプリメントが有効になります。

高麗美人

価格 通常料金3,024円
1袋コース2.721円
2袋コース2,570円×2
成分 高麗人参粉末、EPA含有精製魚油、ゼラチン
内容量 約1か月
返金保証 30日

更年期障害用サプリメントとしては例えば、「高麗美人」というサプリメントがあります。
高麗美人は名前の通り、高麗人参が主要成分になっています。
そして、高麗人参に含まれるサポニンという成分が、自律神経に直接作用し、乱れた自律神経の動きを整えます。

サポニンの効能によって、イライラや不眠など精神面の症状や、自律神経の乱れからくるホットフラッシュ、多汗などの症状が改善されます。
また、冷えやむくみなどの解消にも効果を発揮します。
特に、高麗美人に含まれる高麗人参は本場の韓国でも希少な紅参プンギ産6年根という高質なものが使われています。
当然、サポニンの量も豊富に含んでいます。

生活習慣の改善が最も有効

若年性更年期障害を起こさないために最も大切なのは、生活習慣の改善です。
しっかりとした睡眠、バランスの良い食事、ストレスの軽減が最善の策です。
どんな治療を施してみても、生活習慣が乱れていては改善など見込めません。
辛い症状を引き起こしてから後悔しないためにも、正しい生活習慣を身に付けることが大切です。

-更年期障害の原因

Copyright© おすすめの更年期サプリを比較 , 2018 All Rights Reserved.