2018年更年期サプリランキング!

おすすめの更年期サプリを比較

更年期障害の原因

喉が渇く、口が渇くのは更年期の症状の一つです。原因と症状

投稿日:

喉の渇きの原因は大きく分けて二つあります。一つは自立神経の乱れで唾液の量が減少していること。

もう一つは多汗によって身体の中から水分が失われてしまうことです。

更年期以降の女性は、女性ホルモンの減少や自律神経の乱れが大きく身体に影響するため、唾液の分泌量が男性に比べて急激に低下する傾向があります。そのため、ドライマウスの患者には50代から70代の女性が多いといわれています。

また、不規則な生活や仕事によるストレスによっても、唾液の分泌量が減少していることがあります。

これは、自律神経機能の乱れに伴って唾液中のタンパク質が特異的に減少するとされており、主に抗菌や解毒作用など健康維持に関わるはたらきが知られているものの減少があるとされています。

この唾液中のタンパク質が少ない更年期女性は、無気力で疲れやすい・肩がこる・眼が疲れるなどの“不定愁訴”と呼ばれる身体の不調を自覚している傾向が認められます。

更年期障害によって口の中が渇くのはなぜ?

更年期障害でのどが渇く

●原因

喉の渇きの原因は大きく分けて二つあるといわれています。

一つは自立神経の乱れで唾液の量が減少していること。もう一つは多汗(顔のほてりやのぼせ)によって身体の中から水分が失われてしまうことです。

更年期以降の女性は、女性ホルモンの減少や自律神経の乱れが大きく身体に影響するため、唾液の分泌量が男性に比べて急激に低下する傾向があります。

そのため、ドライマウスの患者には50代から70代の女性が多いといわれています。

また、不規則な生活や仕事によるストレスによっても、唾液の分泌量が減少していることがあります。

これは、自律神経機能の乱れに伴って唾液中のタンパク質が特異的に減少するとされており、主に抗菌や解毒作用など健康維持に関わるはたらきが知られているものの減少があるとされています。

この唾液中のタンパク質が少ない更年期女性は、無気力で疲れやすい・肩がこる・眼が疲れるなどの“不定愁訴”と呼ばれる身体の不調を自覚している傾向が認められます。

●対策

食事療法

対策でまず見直さないといけないことは、毎日の食生活にあります。食生活の見直しをすることが大切です。
主に摂取したほうが効果的なものは、ビタミン・ミネラルなどでバランスの取れた食事で栄養を十分に摂ることが大切です。
女性の場合は、亜鉛が不足すると女性ホルモンの働きが悪くなったり、月経異常を引き起こしてしまう可能性があるとされるため、。
ホルモンバランスを整える働きのある亜鉛を摂取することは大切になってきます。
特に更年期ともなれば、亜鉛不足がホルモンバランスをさらに乱れさせて症状を悪化させてしまうこともあります。

運動療法

もとから身体を動かすことがお好きな方には、軽いウォーキングなどの適度な有酸素運動をおすすめします。
運動があまり好きではなく、積極的に行うのは難しいという方はかえってストレスに感じてしまう方もいることでしょう。
そういった方は、寝る前に毎日10分間ほどだけでも、ヨガを取り入れたストレッチを行うだけでも効果的です。
寝る前のストレッチのヨガは、更年期症状に改善効果がみられるとされています。

リラックス

自分の好きな趣味等で、自分に合ったリラックス法を見つけて下さい。なによりストレス発散できることが一番です。
また、呼吸をゆっくりするように意識をしたり、音楽を聴いて気持ちを落ち着かせることも大切です。

おすすめのサプリ(キレイ・デ・エクオール)

キレイ・デ・エクオール

価格 初回限定 3,980円
通常価格 5,980円
2回目以降 4,980円
成分 エオクール
内容量 1か月分
返金保証 未開封、未使用で8日以内

大豆イソフラボンは、更年期障害の原因といわれる「エストロゲン」と構造が似ているため、
体内に入ると、エストロゲンと同じような働きをします。
大豆イソフラボンは大豆製品などから摂ることができます。
最近では、大豆イソフラボンの健康効果の恩恵を受けやすい人とそうでない人がいることが明らかになっています。
腸内細菌によって大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという成分をエクオールに変えることで、
ダイゼインのままと比べ、よりエストロゲンに似た働きをすると言われいます。。
これによって、更年期のホットフラッシュ(ほてり)や首や肩のこりを改善する効果が確認されています。
エクオールで更年期障害の症状の減少に役立つことがあるので役に立てて下さい。

まとめ

更年期障害は、女性ホルモンの分泌バランスの乱れが原因で引き起こす重度な自立神経障害のことをいい、。
閉経後にで卵巣の機能が低下することで発症しやすいです。
大きくは、自立神経の乱れによるものとなります。
その中でも多汗が多くあります。さほど暑くない汗をかいてしまい、多く水分を摂るため、トイレが頻回になる多尿となってしまい、身体の中から水分が失われてしまうこととなり悪循環を引き起こしてしまします。更年期以降の女性は、女性ホルモンの減少や自律神経の乱れが大きく身体に影響するため、唾液の分泌量が男性に比べて急激に低下する傾向があります。

そのため、ドライマウスの患者には50代から70代の女性が多いといわれています。また、不規則な生活や仕事によるストレスによっても、唾液の分泌量が減少していることがあります。

これは、自律神経機能の乱れに伴って唾液中のタンパク質が特異的に減少するとされており、主に抗菌や解毒作用など健康維持に関わるはたらきが知られているものの減少があるとされています。

この唾液中のタンパク質が少ない更年期女性は、無気力で疲れやすい・肩がこる・眼が疲れるなどの“不定愁訴”と呼ばれる身体の不調を自覚している傾向が認められます。

対策としては、まず食事療法です。毎日の食生活の改善で、自身の食生活見直しをすることが大切です。
主に摂取したほうが効果的なものは、ビタミン・ミネラルなどでバランスの取れた食事で栄養を十分に摂ることが大切です。
その中でも、ホルモンバランスを整える働きのある亜鉛を摂取することは大切になってきます。

女性の場合は、亜鉛が不足すると女性ホルモンの働きが悪くなったり、月経異常を引き起こしてしまう可能性があるとされるため、。
特に更年期ともなれば、亜鉛不足がホルモンバランスをさらに乱れさせて症状を悪化させてしまうこともあります。
次に運動療法を行うことが大切です。もとから身体を動かすことがお好きな方には、軽いウォーキングなどの適度な有酸素運動をおすすめします。

運動があまり好きではなく、積極的に行うのは難しいという方はかえってストレスに感じてしまう方もいることでしょう。
そういった方は、寝る前に毎日10分間ほどだけでも、ヨガを取り入れたストレッチを行うだけでも効果的です。
寝る前のストレッチのヨガは、更年期症状に改善効果がみられるとされています。

他には、自分の好きな趣味等で、自分に合ったリラックス法を見つけて下さい。なによりストレス発散できることが一番です。
また、呼吸をゆっくりするように意識をしたり、音楽を聴いて気持ちを落ち着かせることも大切です。
こういった対象方もありますが、継続していくことはとても難しいことかと思います。
そこで、まず上記にもおすすめした、”キレイ・デ・エクオール”をぜひ試してみて下さい。

-更年期障害の原因

Copyright© おすすめの更年期サプリを比較 , 2018 All Rights Reserved.