2018年更年期サプリランキング!

おすすめの更年期サプリを比較

更年期障害の原因

更年期と骨粗しょう症の関係性

投稿日:

更年期障害の症状には、様々な症状があります。
ホットフラッシュやふらつき、めまいや頭痛などといった症状が代表的な症状ですが、「骨粗しょう症」という病気も、更年期を機に発症することが多い病気です。
ホットフラッシュなどの症状は、はっきりと認識しやすいものですが、骨は直接目にすることができないため、なかなかその異変に気づけない人も少なくありません。

骨粗しょう症という病気

更年期障害と骨粗しょう症
「骨粗しょう症」という病名を聞いたことがある人は、たくさんいることでしょう。
ですが、いったいどんな症状なのか、その詳しい実態を知らないという人もたくさんいます。
骨粗しょう症とは、骨がもろくなってしまう病気です。
骨の強度が弱くなることで骨折しやすくなったり、背骨が曲がってしまったりします。
骨粗しょう症を発症している人と、そうでない人の骨の顕微鏡写真を比較すると、その違いは一目瞭然です。
骨粗しょう症を発症している人の骨は内部に空洞が目立ち、スカスカしています。
骨がスカスカになるせいで、転倒や尻もちなどの衝撃にも耐えることができなくなり、簡単に骨折してしまうのです。
背中が曲がり始めても、単純に歳のせいだからと思い込み、骨粗しょう症を発症していることに気づかない人も多くいます。

骨粗しょう症の症状

骨粗しょう症を発症すると、骨折しやすくなる以外に、肩こりや腰痛などの症状を自覚するようになります。
背骨が曲がり、猫背になることも多く、身長が低くなったと感じたり、腰が曲がってきたと感じる時には、背骨を骨折していることもあります。
もろくなった骨が、体の重みに耐えられず圧迫されて骨折してしまうのです。
骨折していても、単なる腰痛だと勘違いしてしまい、骨粗しょう症から骨折を引き起こしていることに気づかないまま過ごす人もいます。
骨折してしまうと、その骨をカバーしようとして他の骨にも負担がかかるため、さらに骨折しやすくなるという悪循環に陥ることもあります。

骨ができるメカニズム

骨は、成人と呼ばれる体つきになるまである程度成長してしまえば、それから先、成長することはないように思いがちです。
ですが私たちの骨は、古くなって劣化してきた骨を壊し、さらに新しい骨を造るという工程を繰り返しながら維持されています。
古くなった骨を壊すことを「骨吸収」といい、新しい骨を形成することを「骨形成」といいます。
また、骨吸収を助ける細胞を「破骨細胞」と呼び、骨形成を助ける細胞を「骨芽細胞」と呼びます。
この2つの細胞が、バランスよくこの工程を繰り返すことで、健康的な骨が形成されていくのです。
骨吸収の方が、骨形成を上回るようになれば、次第に骨形成が追い付かなくなり、骨がもろくなってしまいます。

骨粗しょう症の原因

骨粗しょう症を引き起こすのには、いくつかの原因があります。
無理なダイエットも、そんな原因の1つです。
過度なダイエットをすることで極端な栄養不足に陥り、骨の形成に必要なカルシウムが不足してしまうことで、骨粗しょう症を発症することもあります。
また、体を動かす機会が少ない人や、日常的な運動不足に悩まされているような人も同じです。
骨に負荷をかけながら鍛えるという機会がないため、骨を造る細胞が活性化されず、骨粗しょう症を発症します。
ですが、これらの原因よりもさらに多いのが、エストロゲンと呼ばれるホルモン分泌の減少が原因となっているものです。

更年期と骨粗しょう症の関係性

女性ホルモンの一種でもあるエストロゲンの分泌量が減少してしまうことで、骨粗しょう症が引き起こされてしまいます。
エストロゲンの分泌量が減少するのは、更年期という年代に入り、閉経を迎えるからです。
女性の体は、閉経を迎えるとエストロゲンの分泌量が著しく低下します。
エストロゲンの分泌量が減少すると、更年期障害と呼ばれる様々な不快症状が起こりますが、これらと同じく影響を受けてしまうのが、骨の形成です。
エストロゲンの分泌量が減少することで、古くなった骨を壊す骨吸収の働きが強くなり、反対に骨を形成する骨形成の働きが弱くなるため、両者のバランスが崩れ、骨がスカスカになっていきます。

女性の骨密度

女性の骨形成には、エストロゲンが大きく関わっているため、一生を通してみても、骨密度と呼ばれる「骨の量」に変化が見られます。
女性の場合、骨密度は18歳前後でピークに達したあと、40代まではほぼ同じ骨密度を維持できますが、その後50歳前後を境に減少していく傾向です。
さらに閉経を迎えるタイミングで、エストロゲンの分泌量が著しく減少してしまい、骨密度は急激に減少していきます。
女性ホルモンの分泌量の変化が、骨の形成に大きな影響を与えるため、骨粗しょう症は男性の何倍も、女性の体に起こりやすいのです。

骨粗しょう症の目安

骨は自分自身の目で日常的に確認することができないため、ささいな変化にも気づきにくくなります。
骨密度が減っていることや、骨粗しょう症を発症していることは、自分ではなかなか気づくことができません。
常日頃から自分の体としっかり向き合うことで、小さな変化を見逃さないようにする必要があるのです。
1番わかりやすい症状として挙げられるのが骨折ですが、部位によっては骨折の痛みを感じにくかったり、慢性的な痛みに悩まされることで、腰痛などと勘違いすることもあります。
原因不明の腰痛や肩こりが、長期間持続するような時は、骨粗しょう症を疑い、1度医療機関を受診してみることが大事です。
また、身長が2㎝以上小さくなった時も、骨粗しょう症の疑いがあります。
脊椎椎体が骨折しているのに気付かず、放置されている可能性があるからです。

更年期骨粗しょう症の危険性

更年期を迎える年代に入ったら、ホルモンバランスの変化により、骨粗しょう症を発症する可能性を、意識する必要があります。
何も意識することなく過ごしていると、日常生活の中で骨折を繰り返すようになり、寝たきりの生活を送ることになる可能性も、ゼロではないからです。
更年期に向けた、骨粗しょう症に対する自覚の1歩として、できるだけ若いうちから骨密度を上げるような努力をすることが大事です。
骨形成を助けるカルシウムを積極的に摂取したり、喫煙や飲酒といった習慣を避け、できるだけ適度な運動に取り組むことでも、充分な効果を発揮します。
早くからこのような対策に取り組むことで、将来的に発症する可能性がある骨粗しょう症を予防することが可能です。

「高麗美人」というサプリ

更年期障害によって、骨粗しょう症を発症してしまうことを避けるために、女性ホルモンの分泌を促すという方法があります。
日常的な食生活から、ホルモン分泌を促す効果のある食品を摂取する方法や、サプリメントを有効活用するという方法も、1つの手段です。

高麗美人

価格 通常料金3,024円
1袋コース2.721円
2袋コース2,570円×2
成分 高麗人参粉末、EPA含有精製魚油、ゼラチン
内容量 約1か月
返金保証 30日

「高麗美人」というサプリメントには、女性ホルモンの分泌を助ける高麗人参が配合されています。
高麗人参に含まれる「サポニン」が大豆の7.7倍も配合されているのです。
サポニンの含有量が最大になると言われている「6年根」を使い、女性の体に起こる悩みを徹底的に解決します。
さらに鉄分や亜鉛をはじめとする成分や、18種類にも及ぶアミノ酸まで配合され、女性らしく、美しい体作りをサポートしてくれるサプリメントです。

更年期と骨粗しょう症の関係性まとめ

骨粗しょう症は、女性の更年期と大きな関わりを持つ病気です。
更年期に入り、閉経を迎えることでホルモン分泌量に変化が現れ、骨の形成にも影響を与えてしまいます。
骨粗しょう症は、自分では気づきにくく、そのまま放置されることも多い病気です。
だからこそ更年期に入ったら、骨粗しょう症という病気の存在を、まずはしっかり認識しなくてはいけません。
その上で骨密度を上げる努力や、転倒などによって骨に衝撃がかかることを防ぐ注意を払うことでも、骨粗しょう症の発症を予防することができます。

-更年期障害の原因

Copyright© おすすめの更年期サプリを比較 , 2018 All Rights Reserved.