2018年更年期サプリランキング!

おすすめの更年期サプリを比較

更年期障害の原因

更年期障害が続く期間とは?完全に治す方法はあるの?

投稿日:

更年期障害は、ずっと続く訳ではありません。一般的には、5年前後でその症状は収まります。
ホルモン分泌が無くなった事が認識されれば、症状は落ち着いてくる訳です。
なお更年期障害を完治する方法はありません。ただし症状を緩和する方法は、複数あります。

更年期障害の原因であるエストロゲン減少

中年女性
更年期障害とは、エストロゲンの分泌量に関わる症状です。
分泌量が減少してしまった事で、体が反応する症状になります。エストロゲンとは、女性ホルモンの一種です。
その量は、年齢に応じて変動する性質があります。
一般的には、30代半ばにはエストロゲンの分泌量はピークに達するのです。
しかし30代終盤になると、徐々に分泌量が減ってきます。40代後半になると、若い頃よりもホルモンの量が大幅に減って、体が反応する訳です。
それで「ホルモンが減った」状態に、体の神経が追いつかなくなります。
その結果、更年期障害の様々な症状が表れる訳です。

45歳から55歳の時に現れる症状

ところで女性は、いずれ閉経という時期を迎える事になります。閉経になる年齢も個人差はありますが、おおむね50歳前後です。
「更年期」とは、その50歳の5歳前後の時期を指します。
ですから45歳から55歳までが、更年期に該当する訳です。
そして更年期障害は、その時期特有の症状になりますから、いずれ症状が落ち着いてくる訳です。
ですから例えば、60歳になったとします。
その頃になると、明らかに更年期ではありません。
55歳は更年期の終盤に該当する訳ですが、それよりも5年以上経過していますから、大抵は更年期障害も収まっています。

ホルモンが出ないと認識されれば終息する

60歳以上に更年期障害が収まるのも、きちんと理由があります。
体の神経系が、ホルモン量を認識するからです。
例えば、35歳の頃には13ぐらいのホルモンが分泌されていたとします。体の神経は、その「13ぐらいの量が当然」だと見なしている訳です。
ところが40代半ばになりますと、ホルモン量は大きく減ってきます。
13などでなく、8や7ぐらいに変化したとします。
8や7というボリュームを感知した神経系は、「体に何らかの異変が生じている」と錯覚する訳です。
その結果、更年期特有の症状が色々出てきます。
そして閉経の状態になり、ホルモン分泌量がほぼ皆無になったとします。すると神経系は、「もうホルモンは分泌されない」と認識する訳です。

そして更年期障害も無くなり、様々な症状も落ち着いてくる訳です。

症状が続く年数には個人差がある

タバコを吸う女性
したがって更年期障害は、ずっと続く症状ではありません。
どこかのタイミングで、結局は無くなる症状ではあります。
ただ具体的に何年ぐらいで症状が収まるかは、かなり個人差があります。症状が収まるまでの「平均」年数は、5年です。
しかし人によっては、10年程度はその症状が続いている事もあります。
人それぞれ体質や環境も異なるので、少々長期化する女性もいる訳です。
その逆に、かなり短期間で症状が収まる実例もあります。せいぜい数ヶ月程度で、症状が無くなる女性もいるからです。
ですから具体的に何年程度で症状が無くなるかは、人それぞれ異なります。
その平均値が、上述の「5年」という事になります。

更年期障害を完治する事は可能か

ところで更年期の症状が辛いと、完全に治したくなる事もあります。
主に下記のような症状があります。

  • 発汗
  • イライラ感
  • 動悸
  • 疲労感

この他にも、様々な症状があるのです。
その症状が少々辛いので、完全に治したいと希望している方々も多いです。
しかし更年期障害は、基本的には完治する方法はありません。
何らかの治療によって完治するというより、自然に終息するのを待つ事になります。
その症状を和らげる方法も、複数あるのです。

エストロゲンを補ってくれるクリニック

例えば、病院などに相談する選択肢があります。
専門のクリニックに相談すれば、女性ホルモンを補う薬剤も処方してくれるのです。
上記でも少々触れましたが、更年期障害になってしまう理由は女性ホルモンの減少です。このため病院に相談すると、エストロゲン補給を目的とした薬剤が処方されます。
体内にあるエストロゲンを若干増やせば、症状も緩和されるからです。ですから更年期障害が辛い時には、病院に相談してみるのも良いでしょう。

薬剤を服用しても完治しない

ただ誤解されている事も多いですが、クリニックにて処方された薬剤を服用し続けても、更年期障害が完全治癒する訳ではありません。
あくまでもその薬剤は、症状緩和に限定されます。
確かに病院が処方してくれる薬剤を服用すれば、症状は若干楽になるのです。
しかし処方される薬剤は、「治療」が目的ではありません。
症状を「和らげる」のが目的なのです。
したがって薬剤を服用したからと言って、更年期障害の期間が短縮する訳でもありません。
風邪などの症状と違って、完全に治る事は無いのです。

ストレスを減らせば更年期障害は完治するか

ところでテレビ番組などでは、たまにストレスの悪影響が取り上げられている事もあります。
過大なストレスは、体調不良を招いてしまうと紹介されている事も多いです。そのストレスは、更年期障害の症状にも関わっているのです。
やはりストレスが大きい状態ですと、更年期障害の症状も辛くなってしまいます。
逆に、そのストレスを軽減してあげれば、症状も幾分楽になる傾向があります。何らかの方法で、ストレス軽減に努めてみるのは有効です。
ただストレスを軽減したからと言って、更年期障害が「完治」する訳ではありません。症状自体は楽になりますが、治る事は無いのです。

睡眠や運動不足の解消と更年期障害

また更年期という時期には、様々な要因が不足している事もあります。
例えば睡眠不足です。
更年期の方々はとても忙しいので、なかなか睡眠時間を確保できない事もあります。逆に、睡眠の質を良くしてあげれば、更年期の症状を緩和する事はできます。
それと運動です。
やはり運動不足ですと、更年期の症状は辛くなってしまう傾向があります。適度に運動しておけば、その症状を軽くする事はできます。
しかし睡眠や運動を改善しても、更年期障害が完治する訳ではありません。
つまり更年期障害は、下記のような方法で症状を和らげる事はできます。

  • クリニックが処方してくれる薬
  • ストレス軽減
  • 睡眠不足や運動不足を解消

上記のいずれの方法も、更年期障害を完全に治す事は無いのです。
あくまでも女性ホルモンの分泌量がなくなり、自然消滅するのを待つ事になります。

更年期障害が辛い時におすすめのノムダス

ノムダス
ですから更年期障害を乗り越えるまでは、何らかの方法で症状を緩和する事になります。
そのためにノムダスという製品を服用してみると良いでしょう。
ノムダスには、下記のような成分が含まれています。

  • 乳酸菌
  • エクオール
  • おおばこ
  • 黒大豆

2つ目のエクオールは、体の中のホルモンバランスを調整してくれる働きがあり、更年期障害の症状も軽くなります。
また4つ目の黒大豆の中には、エストロゲンに似たイソフラボンが含まれているのです。
ですから更年期障害が辛い時には、ノムダスを飲み続けておくと良いでしょう。

更年期障害が続く期間まとめ

結局は、更年期障害は完全に治す方法自体はありません。
5年程度を目安に、自然消滅するのを待つ事にはなります。
しかし症状自体を緩和する事は可能なので、エクオールを含むサプリなどで、症状を緩和してみると良いでしょう。

-更年期障害の原因

Copyright© おすすめの更年期サプリを比較 , 2018 All Rights Reserved.