2018年更年期サプリランキング!

おすすめの更年期サプリを比較

更年期障害の原因

重い更年期障害はHRT(ホルモン補充療法)で治しましょう!

投稿日:

更年期障害というのは基本的に、女性ホルモンのバランスの乱れが原因になって発症します。
従って、女性ホルモンのバランスを整えてあげれば改善することになり、そのために行われている治療が「HRT(ホルモン補充療法)」です。

HRTとは?

HRTとは?
日本ではまだ認知度が高くありませんが、更年期障害を緩和するために病院で行われる治療法にHRTがあります。
更年期障害は閉経を迎えることで、女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少することによって発症します。
従って、HRTでもって減少したエストロゲンを補ってあげることが更年期障害の改善に繋がります。

HRTの正式名称は「Hormone Replacement Therapy」であり、直訳すると「ホルモンを置き換える治療法」となります。
1970年頃に海外で開発された治療法で、日本には1980年代の後半に導入されています。

実は、そのHRTに対し、2002年に女性団体から「HRTは心筋梗塞、脳卒中、脳梗塞、乳がん、静脈血栓のリスクを上昇させる」との報告がされたため、安全面に対する考え方の厳しい日本では、その報告が普及の足かせになっています。
ただ、HRTの普及率はアメリカでは38%、オーストラリアでは56%と、高い数値になっています。
今後、日本でも使用の拡大が見込まれています。

更年期障害の原因

更年期障害が起きるメカニズムは以下になります。

  1. 閉経によってエストロゲンの分泌が減少します。
  2. 脳の下垂体からエストロゲンの分泌を促す卵胞刺激ホルモンが出されます。
  3. 加齢を原因であるため、エストロゲンの分泌が増加することはありません。
  4. 脳の下垂体は自律神経もコントロールしていることから、エストロゲンの減少で生じた混乱が自律神経にも伝わり、様々な不調が引き起こされます。

また、卵巣の病気を患った場合も更年期障害と同様の症状が出ます。

HRTの効果は?

エストロゲンを補充することによるHRTへの効果はすでに実証されており、特に効果が素早くはっきりと出るのはホットフラシュ(のぼせや多汗など)で、早い人では1週間程度で実感できます。
また、下半身の冷えや動悸、息切れなどにも効果が発揮されます。
自律神経の乱れからくる血管運動神経症状は高確率で改善に向かいます。

更年期障害による症状には様々なものがありますが、それはエストロゲンの減少からくる自律神経の乱れが原因になっており、元々のエストロゲンが補充されれば、おのずとそれらの症状が改善されてきます。
また、エストロゲンの減少からくる肌のしわやしみ、髪の抜け毛や白髪などの老化も防げます。

なお、エストロゲンには骨の劣化を守る働きがあるため、欠乏すると骨量が減少し、骨粗しょう症になって骨折しやすくなります。
そのため、HRTによってエストロゲンを補充することは骨の劣化を抑制し、骨密度を高めることになります。
さらに、エストロゲンには糖質代謝を促進して悪玉コレステロールの増加を抑制し、動脈硬化を防ぎます。
従って、HRTを行うことは新陳代謝の改善にもなります。

HRTを使用した治療方

HRTの治療では、女性ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステインの両方が投与されます。
更年期障害の対応だけであるなら、エストロゲンだけを投与すれば目的が達せられますが、がんの発症リスクを抑えるために、あえて黄体ホルモンが一緒に投与されています。
なお、HRTの投与には経口剤(飲み薬)と、経皮剤(貼り薬・塗り薬)の2種類があります。

経口剤

経口剤は効果が高くなっていますが、その分胃や肝臓に負担をかけたり、時には不正出血(生理のような症状)を起こしたりすることがあります。
そのため、最近では経皮剤である貼り薬が主流になっています。

貼り薬

経口剤に比べると効果は低くなりますが、副作用を抑えることができます。
下腹部や尻、太ももなどの皮膚の薄いところにパッチを貼り、皮膚を通して薬剤を吸収させます。
なお、パッチは定期的に貼り替えていきますが、肌の弱い部分であるため、かぶれやゆみの出ることがあります。
貼り薬で合わない場合は塗り薬が処方されます。

塗り薬

ジェル状になっており、基本的な使用目的は貼り薬と変わりません。

HRTの治療期間と費用

HRTは効果が高いため、即効性があります。
1週間で実感できるようになり、その後は効果や副作用などの状態を見ながら処方を調整していきます。
ただし、HRTでは最長でも5年しか処方されることがありません。
それ以上になると、乳がんの発症リスクが高まるからです。
実際には2~3年で治療を止めることを病院から推奨されます。

HRTは更年期障害関連の症状に対する治療であれば保険が適用されます。
従って、治療費もそれほど高くならず、1ヶ月の費用は多くて5,000円程度であり、通常は3,000円程度で収まります。

HRT治療の副作用

HRTは効果が高く、費用も安いのに、広く普及されていないのは、やはり副作用に対する懸念があるからです。
心配される副作用は以下の病気です。

子宮がん

一番心配されているのは子宮がんです。
エストロゲンが子宮内膜を増殖させると同時に、子宮がんも発育させるという懸念です。
ただ、黄体ホルモンのプロゲステインを一緒に投与することで、リスクの解消が図られています。

乳がん

HRTの治療を5年以上続けると、乳がんの発症率が高くなると見られています。
ただ、2~3年で治療を止めれば心配は要りません。

脳梗塞・脳出血

あくまでも、エストロゲンの量が多過ぎると発症する可能性があります。
また、経口剤ではなく経皮剤の投与にすれば、安全性が高まります。

HRTと副作用の因果関係に対する確証があるわけではなく、だからこそ海外ではよく利用されています。
しかしながら、副作用の内容が怖い病気ということもあり、それが日本でのHRTの普及に悪影響を与えています。
ただ、HRTは正しく治療を受ければ副作用の心配はほとんど要らないというのが実態です。

ちなみに、HRTの副作用として太るということも言われていますが、これは治療によって体調が良くなることと、太りやすい年代が影響しており、根拠は認められていません。

HRTの治療を避けるべき人

HRTは更年期障害に効果があるとはいっても、その作用からいって以下の人は治療を受けられません。

  • 乳がんや子宮がんの経験者、または治療中の人
  • 脳や心臓の病気の経験者
  • 妊娠している人

また、何らかの病気に罹患している人も、治療に対する医者からの了承が必要です。

更年期障害用サプリメントが効果的

更年期障害を緩和したり、防止したりする上で、更年期障害用サプリメントの利用も効果的です。
更年期障害用サプリメントには色々なものがありますが、中でも「キレイ・デ・エクオール」の効果は定評があります。
キレイ・デ・エクオール

価格 初回限定 3,980円
通常価格 5,980円
2回目以降 4,980円
成分 エオクール
内容量 1か月分
返金保証 未開封、未使用で8日以内

キレイ・デ・エクオールの成分は商品名通りエクオールです。
エクオールというのは、大豆イソフラボンが人間の体内で変化して生成される成分であり、エストロゲンに非常に似た働きをします。
従って、エクオールを摂ることが更年期障害の改善に繋がり、更年期障害の症状であるイライラやのぼせ、めまい、発汗などが減少します。

実は、男性ホルモンのアンドロゲンの活動が、エストロゲンの生成を阻害しています。
エクオールにはそのアンドロゲンの働きを抑制する効果もあります。
さらに、抗酸化作用もあるため、細胞の老化も防げます。

HRTの安全性

HRTの治療で補うエストロゲンは天然型と言って、女性の卵巣から分泌されているのと同じものです。
量は半分程度で、症状を抑えるのに必要な量のみです。
従って、安全性は高く、しかも即効性が高いため、つらい症状がある人はHRTを検討すべきです。

-更年期障害の原因

Copyright© おすすめの更年期サプリを比較 , 2018 All Rights Reserved.