2018年更年期サプリランキング!

おすすめの更年期サプリを比較

更年期障害の原因

更年期障害は女性ホルモンの低下によるもの。女性ホルモンを増やすための方法とは?

投稿日:

更年期障害の原因は、「女性ホルモンの低下」にあります。
女性ホルモンの分泌量が減少してしまうことで、不定愁訴とも呼ばれる様々な体調不良が、引き起こされてしまうのです。
となれば、減少してしまった女性ホルモンを増やせば、更年期障害として起こる様々な症状を改善できることになりますが、女性ホルモンを増やすには、いくつかの方法があります。

そもそも女性ホルモンとは

女性ホルモンの低下
「女性ホルモン」という言葉を耳にしたことがある人は、きっと多いことでしょう。
ですが、女性の体にとって重要な役割を果たすホルモンだということはわかっていても、実際はどんな働きをするホルモンなのか、よくわからないという人もたくさんいます。
人間の体には、様々な種類のホルモンが分泌されていますが、女性らしい体作りや、月経、妊娠出産に大きく関係しているのが、女性ホルモンです。
女性の体は、この女性ホルモンによって支配されているところが多いため、このホルモンの分泌量によって、体調にも大きな変化が現れます。
また体調だけではなく、自律神経にも大きな影響を与えるため、精神面にも変化をもたらすことになるのです。

2種類の女性ホルモン

女性ホルモンには、「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類のホルモンがあります。
同じ女性ホルモンでも、それぞれ違った働きをしながら、女性が美しく健康的でいられるようにサポートしてくれるホルモンです。

≪エストロゲン≫

エストロゲンは、丸みを帯びた女性らしい優しい体つきを形成する女性ホルモンです。
肌の保湿力を維持したり、毛髪に艶やハリを与え、自律神経にも影響を与えます。
そのため、精神面も左右することが、このホルモンの特徴でもあります。

≪プロゲステロン≫

プロゲステロンは、妊娠や出産に大きな影響を与えるホルモンとして知られています。
卵子と精子が受精し、受精卵が子宮内に無事に着床して育つように、厚みのある質のいい子宮内膜を形成する働きがあります。
妊娠を継続させる働きや、体温を上昇させてキープする力があるホルモンです。

女性ホルモンの動き

女性ホルモンの分泌量は、毎月迎える月経によって、その分泌量が大きく変動します。
月経は下記のようなサイクルで営まれており、このサイクルに合わせてホルモンの分泌量が変化する仕組みです。

  1. 卵胞期(増殖期)
  2. 排卵期
  3. 分泌期(黄体期)
  4. 月経期

卵胞期には、エストロゲンが多く分泌され、子宮内膜を厚く形成していきます。
この時期には、エストロゲンが多く分泌されるため、自律神経にも作用し、精神的にも安定した状態です。
排卵期に入るとエストロゲンの分泌量は減少を始め、排卵前から増加しつつあったプロゲステロンがさらに増加していきます。
分泌期には、プロゲステロンの分泌量増加によって、受精卵が着床しやすい環境を整えますが、月経期に入る前になるとエストロゲンもプロゲステロンも、減少していきます。
月経期に、両ホルモンの分泌量が減少するため、身体的にも精神的にも不安定になりやすく、イライラしたり体調不良などの症状が現れるのです。

女性ホルモンを増やす方法 日常生活編

更年期障害の症状を少しでも改善するには、女性ホルモンを増やす必要があります。
日常生活の中において、自分でできる対処法には下記のようなことがあります。

≪良質な睡眠をとる≫

ゴールデンタイムと呼ばれる時間帯に、良質な睡眠をとることができれば、ホルモン分泌機能も正常に機能します。
ホルモンバランスを整えるためにも、質のよい眠りは欠かせません。

≪ストレスや疲労を蓄積させない≫

過度のストレスや、疲労が蓄積すると自律神経が乱れる原因となってしまいます。
適度な休憩を取り、ストレスを上手に発散することが大事です。

≪適度な運動≫

適度な運動をすることにより、脂肪を燃焼させ、基礎代謝をアップさせることができます。
また血行促進にもつながり、女性ホルモンの分泌をスムーズにする効果もあります。
体にかかる負担の少ない有酸素運動がオススメです。

女性ホルモンを増やす方法 精神面

楽しい事や嬉しいことを少しでも多く感じると、「ドーパミン」という物質が脳内から分泌されます。
「ハッピーホルモン」や「幸せホルモン」と呼ばれることもあるドーパミンは、分泌されると自律神経にも影響を与える物質です。
自律神経が刺激された結果、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量も増加させる効果を発揮します。
趣味や習い事など、楽しいと思えることをできるだけ多く体験し、ドキドキするような感情をたくさん味わうことで、エストロゲンを増加させることができるのです。

女性ホルモンを増やす方法 食生活編

女性ホルモンを増加させるためには、日常的に摂取する栄養素も、とても重要な意味を持ってきます。
三大栄養素をはじめ、発酵食品やオリゴ糖、食物繊維などをバランスよく摂取し、腸内の環境を整えることが大事です。

≪女性ホルモンを増やす栄養素の摂取≫

下記のような食品は特に、女性ホルモンの分泌を促す効果がある食品です。
これらの食品を、意識して食事に取り入れることで、ホルモン分泌量をアップできます。

  • 大豆製品
  • まぐろやカツオ
  • ねぎ
  • バナナ
  • アボカド
  • 良質な油

≪サプリメントの摂取≫

忙しい現代人にとって、栄養バランスの取れた食事を毎日摂取することは、意外と難しいものです。
そんな人には、女性ホルモンの分泌を促す効果のあるサプリメントを活用する方法があります。
あくまでも、日常的な食卓の中で補えない栄養素を補うつもりで、摂取するようにしましょう。

「基本のサプリ」というサプリメント

基本のサプリ

価格 瓶タイプ 通常価格 税込5460円
    定期購入 税込4914円
パウチタイプ 通常価格 税込10920円
     定期購入 税込8736円
成分 ぶどう種子ポリフェノール  イソフラボンアグリコン ビタミンD3 葉酸
内容量 瓶タイプ 約30日分
パウチタイプ 約60日分
返金保証 なし

更年期障害の症状に悩む人におススメしたいのが、「基本のサプリ」というサプリメントです。
女性ホルモンと似た働きをする栄養素として有名なものに「大豆イソフラボン」があります。
大豆イソフラボンは腸内で吸収される際「アグリコン」という形に変化しますが、「基本のサプリ」は、そんな大豆イソフラボンを初めから「アグリコン」の形で配合しているのです。
そのため、体内での吸収が早くなり、効果も発揮しやすくなっています。
ポリフェノールや葉酸も配合され、女性の体に起こる様々な問題を改善し、女性らしい体作りをサポートしてくれるサプリメントです。

女性ホルモンを増やす方法 病院編

更年期障害で医療機関を受診し、様々な検査の結果、更年期障害であるという正式な診断が下ると、治療が開始されることになります。
現在婦人科などの病院で一般的に行われている治療方法は、「女性ホルモン補充療法(HRT)」と呼ばれる治療方法です。
字からもわかるように、不足してしまった女性ホルモンを補充する治療法であり、エストロゲンとプロゲステロンの両ホルモンを、経口薬や塗り薬によって補充します。
ホルモン補充療法は、取り組まれるようになってからまだ歴史が浅いため、日本国内における認知度も、さほど高い治療方法でありません。
ですが、高い確率で効果が現れる治療法として、現在注目を集め始めています。

まとめ

更年期障害の症状を改善するためには、女性ホルモンの分泌量を増加させる必要があります。
自分で対処できる方法には、日常生活の改善や食生活の改善などがあり、これらの改善と適度な運動を実施するだけでも、症状を軽減させたり消失させる効果も、充分期待できるものばかりです。
ですが、症状の程度によっては自力での改善が望めないことも多々あります。
そのような時には無理をせず、速やかに医療機関を受診することが最善策であり、更年期障害から早く回復できる方法です。

-更年期障害の原因

Copyright© おすすめの更年期サプリを比較 , 2018 All Rights Reserved.