2018年更年期サプリランキング!

おすすめの更年期サプリを比較

更年期障害の原因

その肥満は更年期が原因かも!太ってきたら更年期脂肪を減らすダイエット

投稿日:

更年期に突入すると、体や心の不調が起きるだけでなく、体型にも変化が現れてきます。
急激に体重が増えてメタボ腹になるなど、更年期特有の肥満になりやすいです。
健康面も気になる年代ですから、体に負担をかけずに脂肪を減らすためのダイエットに取り組みましょう。

コレステロールや中性脂肪が増えやすくなる

肥満の原因は更年期障害?
更年期の様々な症状が起きてしまうのは、卵巣機能が低下してしまって女性ホルモンのエストロゲンが減少するからです。
エストロゲンは健康や美容にも深く関わりがあり、コレステロールを抑制したり血液のめぐりをよくする働きがあります。
女性がメリハリのある体型でいられるのも、実はエストロゲンがきちんと働いてくれているからです。
そのエストロゲンが急激に減少してしまう更年期では、血液中に悪玉コレステロールが増えてしまいます。
血液のめぐりが悪くなってドロドロ血になり、中性脂肪も増えてしまいます。
消費しきれないエネルギーが増えてしまいますから、脂肪として体に蓄えられて中年太りになってしまいます。

加齢による基礎代謝の低下

何もしていなくても消費されるカロリーが基礎代謝です。
基礎代謝は30代からどんどん低下する一方ですから、更年期にはかなり代謝も落ち込んでいます。
以前と同じ量の食事をして同じ生活を送っていては、使われるエネルギーが少なくなります。
エネルギーが余ってしまいますから、それが脂肪としてため込まれてしまいます。
加齢によって筋肉量が減り、脂肪の燃焼効果も落ちています。
適度な運動をしてもなかなか脂肪が減らず、痩せにくい体になります。

更年期による食欲の増加

更年期のホルモンバランスの崩れは、中枢神経にも影響を与えてしまいます。
満腹感を得られるホルモンの分泌が減ってしまって、空腹を感じさせるホルモンが分泌されやすくなります。
以前の食事量ではお腹が満足しなくなり、つい食べ過ぎになって太ってしまいます。
自律神経のバランスが崩れてストレスを抱えやすく、ストレスによる食べ過ぎも起きやすいです。
食欲のコントロールが上手くできなくなり、肥満になりやすいです。

健康面を考えた安全なダイエットが必要

更年期は健康面が気になりますから、若い頃のような食事制限は向きません。
食事を減らしてしまうと栄養不足になってしまって、健康にも影響を与えてしまいます。
筋肉をさらに減らしてしまって代謝が落ちる一方ですし、骨ももろくなってしまい骨粗しょう症のリスクが高まってしまいます。
正しく必要な栄養はしっかりと取って、栄養を減らさない安全なダイエットをしていくのが大切です。
筋肉の衰えを回復させながら代謝を高めて、脂肪をため込まない体質へと変えていきましょう。
それには、食事の見直しと運動の両方が必要になります。

必要な栄養はしっかり取って食べ過ぎを防ぐ

更年期は自分でも意識しないうちに食欲が増してしまいます。
まずは間食を極力抑えて、食事量も腹八分目を心がけるようにしましょう。
体に必要な栄養をしっかり取れるように栄養バランスには気をつけて、食事内容の見直しを行うのが必要です。
糖質と脂質は脂肪になりやすく、コレステロールや中性脂肪を増やしてしまって健康にもよくありません。
必要以上に取らないようにして、控えるのが得策です。
ストレスやホルモンバランスの影響で空腹に耐えられないなら、こんにゃくや海藻などのローカロリーな食材を上手に利用しましょう。
あくまでも食べ過ぎを防ぐ程度に留めておいて、栄養不足にならないというのが重要です。

ホルモンバランスを整える大豆製品を取り入れる

更年期に脂肪が付きやすくなるのは、エストロゲンの減少によるものです。
エストロゲン不足に効果的なのが大豆製品で、大豆イソフラボンがたっぷり含まれています。
イソフラボンはエストロゲンと似た働きをしてくれて、植物性エストロゲンと呼ばれることもあります。
ホルモンバランスを整えてくれますから、脂肪の代謝が正常に行われるようになり、ダイエット効果を高めてくれます。
豆腐や豆乳納豆など、大豆製品は低カロリーで太りにくいですし、たんぱく質を補うのにも最適です。
料理で生かしやすい食品ですから積極的に取り入れていきましょう。

更年期サプリ『ノムダス』の活用

ノムダス

価格 通常料金 6,980円
初回 1,260円
2回以降 3,980円
成分 エクオール産生菌
内容量 1か月分
返金保証 なし

食品だけでダイエットが難しいなら、更年期サプリのノムダスを取り入れてみましょう。
エクオールというエストロゲン様作用のある成分が含まれていますから、ホルモンバランスを整えるのに最適です。
更年期の肥満を解消しやすくなりますし、体の不調を整えるのにも役立ってくれます。
お腹の中で30倍以上にふくらんで、満腹になりやすいおおばこ種皮が入っていますから、食べ過ぎ防止にもなります。
糖質を体に吸収させにくくする菊芋も入っていますから、血糖値の上がり方を緩やかにしてくれて脂肪をため込みにくくなります。
腸内環境を整える乳酸菌も入っていますから、お腹もすっきりしてきます。
更年期のダイエットはなかなか痩せにくくて挫折しがちですから、ノムダスを上手に取り入れてダイエット効果を高めてあげましょう。

有酸素運動で脂肪をしっかり燃やす

運動には体に負荷がかかりにくい有酸素運動と、負荷をかけて筋肉を増やす無酸素運動があります。
更年期からのダイエットには両方必要で、バランスよく行っていくのが大切です。
増えてしまった脂肪を減らすためには、脂肪を燃焼させる必要があります。
それに効果的なのが有酸素運動です。
ウォーキングやジョギング、ヨガや水泳など、どれも体に負荷がかかりにくいものばかりですから、やりやすいものを取り入れていきましょう。
脂肪は有酸素運動を始めてから20分以上経たないと燃えてくれません。
細切れでもいいので1回20分以上の運動を心がけて、継続していくのた大切です。
有酸素運動は体のバランスを整えるのにも効果的で、めぐりをよくしてくれます。
体の不調を改善したりストレス解消にもなりますから、更年期の症状緩和にも役立ってくれます。

簡単な筋トレにもチャレンジ

年々、1%ずつ筋肉量が減っていきますから、足腰が弱らないように筋肉の衰えを防ぐ必要があります。
筋肉が増えると代謝も上がりますから、脂肪を燃やすのにも役立ってくれます。
筋肉が鍛えられると体が引き締まってきて、くびれたウエストや引き締まったお腹、ヒップアップなども夢ではありません。
ジムに通って本格的に鍛えてもいいですし、自宅で無理なく取り組めるトレーニングを始めるのもおすすめです。
初心者でも簡単にできるのがスクワットです。
足を肩幅に開いて背筋が曲がらないようにひざを曲げてお尻から落としていきます。
太ももと床が平行になるまで体を低くしたら、元に戻すだけの運動です。
太ももや下半身の大きな筋肉を鍛えられますし、腹筋や背筋にも刺激を与えることができます。
メタホ腹やゆるんだお尻など、下半身を引き締めたい女性にぴったりの運動です。
最初は回数がこなせなくても徐々に増やしていって、筋肉量を増やして脂肪が燃えやすい燃費のいい体になりましょう。

更年期からのダイエットは長期戦で

20代の頃のように1週間や2週間で脂肪を落とそうとすると、失敗してしまいます。
更年期は痩せにくいものだと知った上で、健康を重視してゆっくり長期間かけて体重を落としていくのが基本です。
食事と運動の両方に取り組む必要がありますから、自分なりにプランを立てて無理なく行える方法で続けましょう。
更年期のダイエットが健康や美容を維持してくれて、生活習慣病予防にもつながります。
元気で笑っていられる50代60代を目指して、緩く長続きさせるのが大切です。

-更年期障害の原因

Copyright© おすすめの更年期サプリを比較 , 2018 All Rights Reserved.