2018年更年期サプリランキング!

おすすめの更年期サプリを比較

更年期障害の原因

更年期は女性だけのものではありません。男性にも起こりえます

投稿日:

「更年期障害」と聞けば、女性が患うものだと思うものですが、近年では男性の更年期障害も注目されるようになりました。
更年期障害の症状に悩まされるのは、女性だけではないのです。
男性でも同じように更年期障害の症状が現れ、不快な症状に頭を悩まされている人が急増していますが、まだまだ世の中では、女性の更年期障害ほど認知されていません。

男性の更年期障害とは

男性の更年期障害
男性の更年期障害は、「LOH症候群」とも呼ばれていますが、世の中ではそれほど認知されている病名ではありません。
女性の更年期障害が現れる年齢は、閉経を迎える前後の年齢といわれ、45歳前後から50歳代が、症状を発症しやすい年齢にあたります。
そんな女性の更年期障害に対して、男性の更年期障害は、いつから始まるという年代の目安がないことが特徴の1つです。
男性の更年期障害についての認知度がまだまだ低いうえに、症状が多岐にわたるため、自分の体に起こっている数々の不快な症状が、男性の更年期障害だということに気づいていない人も多数います。

男性更年期の症状

男性の更年期障害として現れる症状は、「身体の不調」「精神の不調」「性機能の不調」の3つに、大きく分類することができます。
中でも、性機能障害の症状がはっきり現れる人が多く、女性の更年期障害の症状とは異なる点です。
女性に起こる症状と似たような症状もあれば、筋肉痛や関節痛など、男性更年期障害の特徴ともいえる症状が顕著に現れているものもあります。

≪身体の不調≫

・筋肉痛
・関節痛
・腰痛
・頭痛
・めまい

≪精神の不調≫

・うつ症状
・倦怠感
・イライラ
・不眠

≪性機能の不調≫

・勃起障害(ED)
・性欲の減退

男性更年期障害の原因

男性更年期障害の原因は、女性と同じで「ホルモン分泌量の低下」にあります。
ですが、女性の更年期障害の原因となっているホルモンが女性ホルモンの「エストロゲン」であるのに対し、男性の更年期障害の原因となっているホルモンは、男性ホルモンの「テストステロン」です。
テストステロンと呼ばれる男性ホルモンは、男性らしさを形作るホルモンであり、このホルモンの分泌量が著しく低下することで、男性更年期障害の症状を発症してしまいます。
女性ホルモンは、誰もが閉経という大きな節目を迎えることを機に、著しく低下していきますが、男性ホルモンにはその節目となる目安がないことが特徴です。
思春期から分泌量が順調に増加していき、30代後半から少しずつ減少傾向にありますが、その減少具合に個人差があり、激しく減少してしまう人ほど、早い時期から更年期障害の症状が現れてしまいます。

テストステロンが減少する原因

女性には、閉経という体に起こる現象が1つの前兆となりますが、男性の体には、そのようなわかりやすい前兆がありません。
テストステロンは、30代後半から加齢と共に否が応でも減少してしまいますが、減少量に個人差が出る理由には、日常的な生活習慣や日々のストレスが大きく影響しています。
男性の更年期障害の症状が現れやすくなる40代から50代という年代は、社会における立場や責任も大きくなる年代です。
仕事場において、責任ある役職を与えられたり重圧が重くなることで、ストレスや疲労が蓄積されてしまいます。
時間に追われる忙しさの中で、家庭では父親としての威厳や責任も出てくることで、さらに精神的な重圧が大きくなるのです。
自分が置かれている環境に、順応できないことでストレスを強く感じ、男性ホルモンの分泌量が減少してしまいます。

男性更年期障害を発症しやすい人

歳をとれば誰でも、更年期障害の症状を発症するというわけではありません。
加齢は誰に対しても平等に起り得る現象ですが、もう1つの更年期障害の原因でもあるストレスは、感じ方や発散方法によって、精神的負担となる割合にも個人差が生じるものです。
前述のように、日常的に感じているストレスが大きい人ほど、男性更年期障害を発症しやすくなります。
どんなに仕事が忙しく、感じる重圧や責任が重くとも、仕事にやりがいを感じていれば、ストレスも溜まりにくくなるものです。
また、仕事や家庭などでストレスを感じたとしても、趣味や習い事など自分が心から楽しめることや場所を確保できていれば、上手にストレスを発散することもできます。
ストレスを感じたまま、体や心の中にため込んでしまう人ほど、更年期障害も発症しやすくなるのです。

更年期障害のチェック方法

少しでも更年期障害の症状を自覚したら、放置しないことが大事です。
早い段階で対処法に取り組んだり、病院で治療を受けることで、症状を軽減させることも可能となります。
まず症状を自覚し、更年期障害を疑う時には、下記のようなことを自分自身でチェックしてみるのも、判断基準として有効です。

・関節痛や筋肉痛がある
・発汗量が増加した
・不眠症に悩まされている
・なんとなく元気が出ない
・体力の低下を感じる
・眠たくなることが多くなった
・毎日が楽しくないと感じる
・わけもなく不安感に襲われる
・憂鬱な気分の日が増えた
・朝立ちしなくなった
・性欲が低下した
・勃起障害が起きている
・髭の伸びが遅くなった

これらの項目の症状が、3つ以上あてはまる場合は、男性更年期障害を発症している可能性が高くなります。
特に夜間勃起が継続して起こる「朝立ち」現象が2週間以上ない場合は、勃起障害を起こしている可能性があり、更年期障害の症状の1つとして考えることができます。

男性の更年期障害の対処法

上記のような症状に多くの項目があてはまる場合には、正式な診断を受けるためにも、医療機関の受診が必要となってきます。
女性の場合婦人科を受診することになりますが、男性の更年期障害の症状を疑う場合には、まずは「泌尿器科」を受診します。
男性の更年期障害も注目を集め始め、専門の外来を設置している病院もありますが、まだまだ数が少ないのが現状です。
受診するとまずは、「男性ホルモンの数値」を検査します。
基準となる数値を、下回っているかどうかが診断の目安となりますが、男性ホルモンの数値だけではなく、日常的な身体の不調や精神の不調についても問診を行い、併せて診断結果を出すのが一般的です。

病院における治療方法

男性の更年期障害も、病院で治療を受ける際には、「男性ホルモン補充療法(ART)」を受けることになります。
女性が女性ホルモンを補充する治療法と同じで、不足した男性ホルモンを補う治療法です。
注射や飲み薬などにより、テストステロンを投与していきます。
治療の効果が現れ始める時期には個人差がありますが、多くの人が治療開始から1年前後で、ホルモン数値の回復を見込めるのが、男性更年期障害治療の現状です。
精神的な不調による症状が強く現れている場合には、「抗うつ剤」や「安定剤」などの薬を処方することもあります。

「高麗美人」というサプリメント

高麗美人

価格 通常料金3,024円
1袋コース2.721円
2袋コース2,570円×2
成分 高麗人参粉末、EPA含有精製魚油、ゼラチン
内容量 約1か月
返金保証 30日

食事療法により、男性ホルモンの増加させる効果のある食品を積極的に摂取することも、対処法の1つです。
ですが、忙しい日々を送る中、毎日の食卓から理想的な食品を摂取することが難しいという人も多くいます。
そんな人にこそおススメしたいのが、サプリメントの摂取です。
「高麗美人」というサプリメントには、男性ホルモン増加の効果がある「サポニン」が含まれている高麗人参が、たっぷり配合されています。
高麗人参に含まれる、苦み成分でもあるサポニンが体の巡りをサポートし、男性ホルモンの分泌も助けてくれるのです。
「高麗美人」には、同じ高麗人参でもサポニンが最も多く含まれている「6年根」が使用され、最大のサポニン含有量で男性らしさをサポートしていきます。

まとめ

更年期障害という症状は、女性だけのものではなく、男性にも起り得る症状です。
まずはそのことをしっかり認識し、疑わしい症状が現れた時には、迷うことなく対処法に取り組む必要があります。
少しでも早く対処することで、症状を軽くすることも、発症前と同じ状態に回復させることも可能です。
女性にだけ起こるものという、更年期障害に対する間違った認識を正し、日ごろからしっかりと自分の体と向き合うことを忘れないようにしましょう。

-更年期障害の原因

Copyright© おすすめの更年期サプリを比較 , 2018 All Rights Reserved.